■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
縫合不全
縫合不全とは
手術で縫い合わせたところがうまくくっつかないこと


癌の摘出手術では、癌と癌からできるだけ遠いところまで、
とれるところまで腸を切除する

腸だけではなく、そこにつながるリンパや血管もだ。

そして残ったこっち側の腸と向こう側の腸を縫合する
針と糸でチクチク手で縫うわけではなく ^_^; もちろん機械で。


縫合不全があると、縫い目から便がもれてしまう。


じゃ、縫合不全になったらどうなるのか。
(縫合不全になったかどうか、入院中にわかります。
 縫合した近くにチューブ(ドレイン)の先があり、
 反対側の先端は手術の時腹腔鏡用にあけた穴から出てるのですが、
 食事が始まったらそこに便が混ざり色が茶色になるのでわかります)

選択肢は
①腸の縫い目がキチンとくっつくまで絶食し
1カ月ぐらい点滴ですごす
②おへその横に一時的に人工肛門を作る
 食事は普通にできる

レジデントのY先生によると、体力が回復するのでお薦めは②


「一時的に作った人工肛門はあとで閉じますから大丈夫ですよ」

でしょうけど、でも。。。
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 20:35:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。