■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術についての続編
今日は手術の話の続編


サイバーナイフの詳細が思惑と違う所があって、気分はすごろくの「ふりだしに戻る」状態^^


じゃ、実際に手術となったらどんな感じなの?と胸部外科の先生に話を聞きに行って来た

私の担当のY先生は消化器外科の先生で、
いつもは胸部外科のN先生や抗がん剤のA先生と連携してくれていて、
肺の転移についても通常はY先生と会って説明を聞く

でも今回は手術の詳細なので、胸部外科N先生にあって話を聞いた方がいいというアドバイスをうけ
去年の11月の手術以来約1年ぶりに美人外科医のN先生に会った


「手術をするとしたら、右側は深いところにあるので中葉部摘出になりますね
 でも左側は今までのようにくさび型に取ってこれると思います」

「そうですか。。。左右は同時に手術ですか?」

「一度手術をすると胸膜と肺の癒着があるので、まず癒着剥離が必要になり
 これに時間がかかるから両方一緒は無理ですね」

・・・ええっ! これも両方一緒にできないの???
   せっかく重い腰あげてさっさと片付けちゃおうって気になったのに

「そうなんですか? では間はどのくらいあけるんですか?」

「1カ月ぐらいかな?でも1週間でもあなたができるならやってもいいわよ。
 若いし元気そうだから大丈夫じゃない?」

・・・若いって言ってもらえるの、がんセンターと退職組社交ダンスクラブぐらいだけど^^
   それにあなた次第って、どうしよう?
   1カ月後だと傷の痛み、呼吸の苦しさはおさまってくるけど、
   また硬膜外麻酔を入れる一番最初からやりなおしもどうだろう
   頭の中をぐるぐる思考がめぐる

「そうですか。。。わかりました
 で、実際中葉部を摘出するとどのくらい影響があるんですか?」

「中葉部は一番小さいところだからそんなに大きく影響はないと思うけど、
 息苦しいとか今までと違う、という感じにはなるでしょうね。
 でも人によって違うから「こんな感じになります」とはっきり言えないですね」



うーん、難しい。どうしよう

手術は念頭になかったのに、ここに来てむくむくと台頭してきた
もちろん手術は「目で見てとってくる確実な手法」だが「痛み・苦しさ・入院」がセットでついてくる

悩ましい選択だ







関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 00:28:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。