■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん情報 <がんに負けない7カ条>
弟にもらった鎌田實(みのる)先生の「がんばらない」けど「あきらめない」
がんに負けないための発想の転換7箇条 より
asami.com



●第1条 闘い方を変幻自在にしよう
がんに支配されないように、自分で自分の生き方をきちっとしていきながら、頑張ればいい。問題は解決すると思わない。頑張ったり頑張らなかったり、その微妙な駆け引きが僕はがんと闘う上では大事かなと思います。

 これは免疫学者の安保徹先生から教えられたんですけれども、頑張ると思うと交感神経が緊張する。そうすると、顆粒球というのが増える。細菌と闘う、感染症で風邪を引いて肺炎にならないためには、頑張ると思い込んでたほうがいい。結核になった時に、頑張ると思い込んでいる人のほうが生き抜けられるわけです。

 しかし、がんと闘ってくれるのは、リンパ球。リンパ球は副交感神経が支配して、副交感神経というのは温泉に入ったりいい気持ちになったり、美味しい物を食べて、美味しいなと思ったりすると副交感神経が刺激される。そうすると、リンパ球が増えて免疫力があがる。だから、頑張るって思い過ぎないほうがいい。肩の力を除いていったほうが、どうも病気とは闘いやすい形になるんじゃないか。

 実際に、僕は『あきらめない』という本の中にも書きました。膵臓の悪性腫瘍で肝臓に転移があるのにもかかわらず、10年間生きた中村哲也さん。この方は実にニコニコしながら、転移があるのにいろんなところへ旅をして、人のために随分一生懸命いろんな活動をしていました。

 「自分の満足の軸が動いた」って言っていました。働きバチだった彼が、道端の野の花に目をやったりしながら「ああ、小さい花だけど、きちっと咲いているんだな」って思うようになった。仕事人間の時には、そんな野に咲く花なんて気に留めることはなかった。自分の考え方がちょっと変わることによって、自分の生き方が変わってきた。転移があるのに、10年間も生きたということが起きました。


●第2条 「がんばれない」とき、自分をダメ人間と思わない
自分を肯定的にとられることが病気に負けない結構大切なコツかなと思いました。


●第3条 つながりの中でがんと闘う
人と人のつながり、人と自然のつながり、体と心のつながり。結局、体にがんという病気ができても、心と体はつながっているとすれば、心にいい刺激を与えることによって、がんと闘う新しい知恵が出てくるんじゃないか。それから、人と人のいいつながり。例えば、患者会がある、家族がいる、いい人たちがいることによって、生きる力というのがわいてくることがある。

 それから、永田勝太郎先生という心療内科の先生と僕は対談をしました。その先生から、大きながんや転移したがんが自然退縮して消えたという人の例を見ていると「実存的転換」が起こっているのではないかと思われる、と教えてもらいました。

 それはどういうことかといったら、景色を見てすごく感動したとか、或いは、だれかにいいことをしてもらって「ああ、生きていてよかったな」って思った。そういう感動した心が何かの病気と闘う新しい力になっているということを教えられました。


●第4条 希望を持ち続ける

僕の『あきらめない』という本の中に出てくる42歳のスキルス胃がんで余命3カ月という方が1年8カ月生きました。それは自分の娘さんの卒業式まで生きたい、という願いがあったからです。2人の娘さん、年子だったんですけども、1年8カ月生きて、2人のお子さんの卒業式を見ました。母親が子どものために生きたいという思いが、多分、彼女の体の中にあるナチュラルキラー細胞とかに何か新しい働きかけをしたんだろうと思うんですね。


●第5条 笑う

笹森恵子さんという73歳の方。広島で被曝し、その後、2回がんになって乗り越えている方と、僕は去年の9月、チェルノブイリへ行きました。

 その笹森恵子さんはアメリカに渡り、ノーマン・カズンズという『笑いと治癒力』という本を書いて世界的なベストセラーを書いた方の養女になっていくんですね。

 ノーマン・カズンズは膠原病になったのですが、笑うということで、ステロイドの薬やなんかを使わずに治した人です。その人の養女になった。被曝をしているからがんになりやすい。だけども「笑いなさい」って新しいお父さん、ノーマン・カズンズから言われ続けた。笹森恵子さんと僕は2週間ほど一緒にベラルーシ共和国の旅をしましたけども、本当に彼女はよく笑うんですね。笑うっていうことがこの人の命を支えてきたんだなとういことを感じました。


●第6条 逃げない、がんと向き合うこと

お配りした資料に出てくる乳がんの患者さんが末期を迎えたのに奇跡的に改善をしていますよね。やっぱり彼女は逃げなかったことが大きかったと思います。


●第7条 ささやかな日々の営みをていねいに行う


心と体をつなぐものは、「自律神経

がんばらない : 副交感神経を刺激
あきらめない : 副交感神経を刺激しながら、交感神経も少し刺激


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 04:06:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。