■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん情報 <免疫療法・ワクチン療法>
がんの免疫療法とは

生体には、本来、体外から異物が入ってくると、その異物(抗原(こうげん))を攻撃し、排除しようとするはたらきがあり、がんに対しても、その増殖(ぞうしょく)を抑制しようとする免疫作用があります。この免疫力を増強することによってがんを克服しようというのが、免疫療法です。
今後に大きく期待される療法ですが、現在は、まだ単独でがんを根治するのは困難で、集学的治療(しゅうがくてきちりょう)の1つとして、外科療法、放射線療法、化学療法と併用して補助的に使われています。

<免疫療法>
白血球の中にあるNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)を患者さんから採取し、培養し、体内に戻す。

LAK療法
(Lymphokine-activated killer cell=リンフォカイン活性化キラー細胞療法)
NK細胞を中心としたリンパ球を患者さんのからだから採取し、増殖させた後、再び患者さんに戻す治療です。この治療では、T細胞やNK細胞など増殖させるため、からだ全体の免疫力が高まるという効果が見込めますが、がん細胞のみを集中的に攻撃できないというデメリットがあります。そのため今のところこの治療のみで大きな効果は期待できないと言われています。

ANK療法
(Autologous Natural Killer=ANK自己リンパ球免疫療法)
患者さんご自身のリンパ球を取り出し、その中のNK細胞を選択的に活性化・増殖させ、点滴で体内に戻す、というものです。元々、体の中にあり、がん細胞を攻撃するのが本職のNK細胞の機能をそのまま引き出して使う、ということです。
CTL療法とも呼ばれているようです。

LAK療法とANK療法はともに、NK細胞を採取して増殖させて体内に戻すとある
じゃ何が違うの? 詳細はこちら


免疫療法の費用は、200万~300万ぐらい。
Wikipediaの注意点にも、
免疫療法は癌の代替療法として広く知られているが、 免疫療法の“療法”とは、特に医師ライセンスを持っていなくても行う事ができる、いわゆる民間療法の場合がある。その実態はさまざまであり、中には無治療と同等のものが存在する。 また、がんを対象にした細胞療法など医療機関が行う治療ではあるが、1クールで自由診療では数百万円になる場合もあり、患者に対してかなりの高額請求をするクリニックも存在する。 総じて、一部を除いて免疫療法は現在科学的エビデンスが十分に検証されていない状態にある。



樹状細胞ワクチン療法
樹状細胞ワクチン療法は、まず樹状細胞ががんの目印(抗原)を認識し、
次いで樹状細胞がその目印(抗原)をリンパ球に教育する(覚え込ませる)ことで、
リンパ球ががん細胞を狙い撃つ、という治療法です。

●樹状細胞療法
白血球の中に樹状細胞があり、抗原を取り込むと樹状細胞は活性化され、脾臓などのリンパ器官に移動する。リンパ器官では取り込んだ抗原に特異的なT細胞やB細胞を活性化する。
樹状細胞ワクチン療法は、患者さんのがん種、治療経過、容体にあわせ、一人ひとりに好ましい治療計画が立てられます。また、樹状細胞ワクチンは約2週間に1回のペースで、計5~7回に分けて患者さんに投与されるため、入院の必要がありません。

費用はこちらも150万~400万ぐらい。



<注意点>

癌が存在する状態=免疫不全の状態

癌はもともと自己の細胞から発生したものなので、本来自己と反応しない免疫で
癌の治癒をはかるのは極めて難しい
免疫が感化を監視して未然に防いでいるが、一旦なってしまい大きくなったら難しい。
癌細胞の増殖の方が、それを殺すリンパ球の増殖を上回っている。
免疫機構は自己を攻撃しないための免疫寛容という機能があり、それが癌細胞に対しても
働くことがあり、癌細胞は免疫機構から免れるための機構となっている

となると、免疫療法の効果のほどは、Wikiの注意点にある通りかもしれない。


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 19:54:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。