■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん情報 <活性酸素と抗酸化物質>
<活性酸素>

口からとった食品を体内で燃やして(酸化して)エネルギーを得ている
その燃やしカスが活性酸素。

活性酸素は不安定で周囲の細胞や物質を酸化させ傷つける力を持っている。
と同時にその毒性ゆえに体内の病原体を退治する役割もある。
風邪をひいても白血球が増え活性酸素を発生させて体内に侵入したウィルスを撃退する

活性酸素が増えると癌(遺伝子が傷つくと癌になる)老化(シミ・シワ・老人性痴呆・白内障)や
動脈硬化(活性酸素が悪玉コレステロール(LDL)と結合して酸化LDLとなり血管内に付着する)
糖尿病・肝機能障害などの引き金にもなると言われている。

活性酸素は日常の生体活動の中で発生するほか、さまざまな条件のもとで発生する。
紫外線、大気汚染、たばこ、飲酒、電磁波、ストレス、激しいスポーツ、
加工食品、添加物、酸化した食品(古い油)、農薬、排気ガス、レントゲンなど


<抗酸化>

人間の体は、酵素やビタミンなどが活性酸素に対応できる機能が備わっているが、
年齢とともにその機能も老朽化してくる
従って体内の活性酸素を発生させないような生活の工夫と
抗酸化物質が体内でたくさん作られるような食生活をすることが大切


<抗酸化物質と含まれている食品>

●ビタミンC : パセリ、ブロッコリー、レモン、イチゴなど
●ビタミンE : 大豆、胚芽、植物性油など

●カロテノイド
β-カロテン・α-カロテン : ニンジン、ホウレン草などの緑黄色野菜
リコピン : トマト、スイカ
ルテイン : 緑黄色野菜、鶏卵

●ポリフェノール
アントシアニン : イチゴ、ナス、ブドウ、ブルーベリーなど
ケルセチン : ブロッコリー、玉ネギなど
カテキン : お茶
タンニン : お茶や柿の渋みなど
など





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 04:29:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。