■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
入院期間
県立がんセンターで初診のとき、
N先生から入院期間についても説明を受けた。

その時に渡されたプリント(これもまた何度コピーしたか
わからないような質の悪いもの)に色々なことが書いてある。


その中に入院期間について触れてある

「通常10日~14日で退院できるが、不安だからとか、
帰る車がないからとかで入院の延長を希望する方がいるが
手術を待っている方のためにも早く退院してくれるようご協力ください。
アメリカでの平均入院期間は3日、ヨーロッパでは1週間なので
日本の2週間は長すぎます」

(ちなみにこのプリントは大腸癌の患者さん向けのもので
 開腹手術の方も含まれています)

今は入院・手術は過去のこととなったのでよくわかるけど
3日というのは少し短すぎると思う。
1週間は何も問題がなければできるかも。
ただし条件つき。家が病院から近いとか、ご家族のサポートがあるとか。


確かに手術まで1カ月半ほど待機していたし、
その間に癌がどんどん転移して広がっていくのではないかとか、
手術待ちの間に死んじゃうんじゃないか、という不安はいつもあった。

だから次の手術待ちの患者さんのために退院に協力してほしいというは
病院側の切実な希望だし理解はできるが、患者さん側にも個々の事情があり
退院後、協力してくれる方が必ずいるとは限らないし、
癌と言う生死にかかわる病気だけに心中はおだやかではないと思う。

そういう心情でこの説明書に書かれている字面だけを読むと
とても冷たい感じがする。


たとえば
「退院後は当病院の○○にてサポートしますので、お気軽にご相談ください」
などがあってもいいのでは。
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 10:39:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。