■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA (ラジオ波焼灼) - 4
先週築地の国立がんセンターにRFA(ラジオ波焼灼)を受けるつもりで話を聞きに行って来た。

サイバーナイフが期待と予想と違っていたので、方向転換をしなければならなくなったからだ。

実はサイバーナイフができないとわかった時点で、手術を受けなければならないと覚悟を決めていた。
右肺は深い所(あばら骨に近い外側ではなく)にあるので、中葉部を全部摘出しなければならない、と
言われていた。たった1か所、1cmの癌細胞のために。

左側は2か所、こちらは部分切除(くさび型にとる)になる。

しかも手術も左右同時にはできないので、2回もあの苦しい状況を経験するのかと思うと
全く気が進まない。

そんな沈んだ気持ちの中、妹からメールが届いた。
「これはどう? 右をラジオ波、左を手術」

まさに目からウロコだった!
先生も私もそんな折衷案というか中庸案、思いつきもしなかったからだ

でも、左右で違う治療なんてできるのかな?
早速先生に聞いてみた。
「右の手術は難しくなるので、ラジオ波にしてもらえるとありがたい」

中葉部を摘出することによるダメージや後遺症を考えると、
金額は高いがラジオ波というのはいい。
もし今後再発ということがあっても、最悪、摘出するという選択肢は残されている

先生からのGoサインがでたところで、日程調整。
仕事との兼ね合いで、11月にラジオ波、12月に手術にしようと思った。
手術は2週間休むので、忙しくない12月にしたかったからだ。

最初は「ラジオ波を先にして万が一問題があったら、反対側の肺で呼吸をしなければならなくなる。
手術は反対側はさわらないので、手術を先にしてもらいたい」

え~!

でもY先生が直接築地の国立がんセンターの先生と電話で話してくれて
ラジオ波が先でも問題ことになった
それは私の肺と体がいい状態だからだ

例えばこれがお年寄りや喫煙者で肺がボロボロなどのように、
条件が悪くなると治療方法も変わって来る

そんなんで、先週ラジオ波を受けるにあたっての検査をしてきた
血液、尿、心電図、CT、レントゲン、肺活量。

ラジオ波は保険がきかないので、検査も保険がきかないなら困ると思ったが大丈夫だった。
それでも16000円も請求されたけど。




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 21:46:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。