■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Tikker


自分が “生きている” という実感もなく、何となく毎日を過ごしてしまっている人が多いのではないだろうか? しかし、どんな人もいずれは死ぬ。残りの人生を無駄にしないために、ある発明者が「残された寿命」を刻む腕時計を開発し、話題になっている。

・最後の日へのカウントダウン
寿命を告げる腕時計「Tikker」の発明者は、スウェーデン在住のフレデリック・コルティング氏だ。Tikker にはアンケートが付いており、ユーザーが自分の病歴や、年齢、飲酒や喫煙などの質問に対する答えを記録すると、時計が残された寿命を計算してくれる。そして最後の日へのカウントダウンが始まるのだ。

・祖父の死がきっかけに
コルティング氏は彼の祖父の死がきっかけとなり、Tikker の開発を思い立ったという。彼は、「もし残された時間が分かれば、人々はより良い人生を生き、良い選択をするようになるでしょう。Tikker はまさに『幸福の時計』です」と語り、“時間を大事にし、残りの人生を無駄にしてほしくない” との思いが込められている。

・価格は約9000円
開発期間に2年を費やした Tikker は、いよいよ製造段階に入る予定だ。現在、ネット上で寄付金を募るサイト「Kickstarter」で寄付を募っており、当初は2万5000ドル(約244万円)を目標としていたが、すでに5万ドル(約490万円)近くが集まっている。翌年4月には販売開始予定で、価格は約59ドル(約9000円)に設定されるそうだ。

自分が死ぬ日を告げられるなど、ゾっとする人もいるだろう。しかし、毎日 ”生” を意識して暮らせるようになり、充実した毎日が送れるようになるかもしれない。

Tikker
Rocket News 24
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 22:52:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。