■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA (ラジオ波焼灼) - 5
先週検査した結果を聞きに再度築地の国立がん研究センターへ

検査の結果を聞きに行くのはいつも緊張する
ましてや今回はいつもの優しいY先生ではなく、1回しか会ったことがない先生だ

結果が悪かったらどのように切りだしてくるのだろうか。
紆余曲折の末、サイバーナイフをやめて右肺ラジオ波、左肺手術と決めたのに
癌細胞が増えていて、これではラジオ波も手術もできないよ、という結果だったどうしよう。
また振り出しに戻るの?
と、頭の中を色々な考えが高速でぐるぐる回る

結果は、
「数は増えていないですが、それぞれ少しずつ大きくなっています。
 といっても、1cmぐらいだからたいしたことないですけどね。
 これなら、全然問題なくラジオ波できますよ」

とりあえず一安心。
1cmが小さいなんて、ゼロから見てる私には大きく感じるんだけど^^

ラジオ波治療の日程はこんな感じ
当日午前10時ごろ入院、午後治療、1時間ほど。
その日は病院お泊りで翌日退院。

治療する場所も肋間神経に近いところではないので痛みが少ないだろうから
硬膜外麻酔も不要なので最短・最安値でできるだろう。
会計からは患者さんには40万と言うように言われているが、
そこまではかからないと思う。

なんかそんなセールスの手法があったよね?
まず高く言って、少し安い値段を提示する。
すると安い気がしてお客さんは買っちゃう、みたいな。

ま、とにかく日程も決まったし1泊で大丈夫そうなので安心した。

「じゃ、今日はこれから血液ガスの検査をしていってね」
と言われ案内されたところは、抗がん剤治療を通院で行っている所だった。
行く途中「今日どんなパンツ履いてたっけ?」とちょっと焦った私。
血液ガスは動脈から採血なので、手術前は足の股関節から採血したからだ。

血液ガスの採血と抗がん剤の点滴用針を刺すのは、看護婦さんはできないので、
ここで一緒に行ってるのか、と考えているうちにお医者さんが来た。
「右手首から採りますね」とAKB48のメンバーにいそうなかわいい女の子のドクター。

「股関節じゃないんですか?」
「股関節だとすぐとれるけど、太いから血が止まるのに時間がかかるから、手首で大丈夫よ」
「痛そうですね(涙)泣いちゃうかも。。。」
「泣いてもいいけど息とめないでね。血液中の二酸化炭素や酸素の量がかわっちゃうから」
「いた~い!」
「いや、まだ刺してないからね~(笑)」

と1分もかからなかったけど、結局息止めてたと思う^^

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 14:08:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。