■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フラッシュバック! 抗がん剤
右手首動脈から採血し、その後10分間押さえていなければならない。
ご丁寧にストップウォッチがかけられる

その間、視界に入ってくるものを見るともなく見ていた。
ここは通院での抗がん剤治療の場所だ。
入れかわりたちかわり、患者さんが入っては点滴をうけ帰って行く。
まるで工場現場の様だ

すると自分が抗がん剤を受けていたころがよみがえってきた
口の中がまずくなって、胃がむかむかとし、気持ち悪くなってきた

実はちょっと変なんだけど、
抗がん剤治療を受けていた半年間のことあまりよく覚えていない
あんなに大変だったのに。
自分のなかでその時のことを切り捨ててしまったのかな


抗がん剤を受ける日は、まず朝採血し、白血球や血小板が少なくても
まだなんとか抗がん剤ができる数値なら合格。

それから入院用の大部屋のように、ベッドが8台ぐらい置いてあるところにいき、
母が握ってくれたおにぎりをやっと食べるが、口がまずくて味はわからない。

抗がん剤を受ける直前が、前回の抗がん剤から一番時間がたっているから
一番食べられるはずの日なんだけど。
ここで食べないと抗がん剤点滴を受けてからの1週間は気持ち悪くてほとんど食べられない

しばらくすると先生が来て、右鎖骨下に埋めてある点滴用のポートに針をさす
あとは看護婦さんが指定された薬のバッグと針をつなげる
それから薬がぽたぽたと体に流れ落ちている間の約3時間はひたすら寝る
前日はわざわざ夜遅くまで起きて、点滴の間寝られるようにするのだ

虐待などにより、現実逃避をするために別の人格を形成して多重人格になる、ということを
聞いたことがあるが、そういうことが起こる瞬間を垣間見たような気がする

目を閉じすべての感覚を閉鎖し、起こっている現実をなかったことにする

終わって、体のエネルギーはすべてなくなり、めまいと吐き気で起き上がることもできない。
外を見るとまだ5時なのに真っ暗(7月~12月に治療をしていた)

これから2時間もかけて家まで帰るのかと思うと、もう少しベッドで寝てたい

やっと立ち上がると足がしびれて感覚がない
抗がん剤で神経がやられているからだ

30分ぐらい待って会計をすませ、道路を挟んだ薬局に行って飲み薬の抗がん剤を買う
会話するのもおっくう、処方箋を渡してベンチに崩れるように座り出来上がりを待つ。

神経のダメージで、少しの風にあたっただけでも耳が切れそうに痛い
顔もひきつって、思うようにしゃべれない
足はしびれ、つりそうになってもつれる

もう7時。。。
家に着くのは9時過ぎだ


友人からのフラッシュバック対処法

それからフラッシュバックの件、いい方法があるよ
100から7を引き続けるというのはいかが?『100から7を引いて93。93から7を引いて86・・・』
という具合。
本当はおめめつぶって、楽しいことを考えるのがいいんだけど、
ちょっと無理な時は意外にいけるよ。もしまたフラッシュバックに苦しみそうな時は是非お試しを。

今度試してみようっと!
ありがとう
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 04:18:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。