■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
確認の電話
病院から電話が入った
来週のラジオ波焼灼治療の入院の確認電話だ

病院の入院担当者からの電話で、当日朝10時に入院受け付けに来てください、というものだった

治療は午後からで、両親が来る関係上実際の時間が知りたかったので聞いたが
担当医師の外来にかけ直してほしいと言われた

病院内でどうして電話転送してくれないんだろう、と思いつつ
大きい病院はそんなもんなんだろう、ともう慣れっこだ

総合案内に電話したところ先生は会議中だと言われたので
もう一度外来の秘書の方に電話を戻してもらい、伝言を依頼した

しばらくしたら先生から直接電話があってびっくり!
看護師さんか事務の方からの電話で十分だったのに。


「実はまだ決まってないんですよ。当日の朝決めるんでね。
おそらく午後早い時間、1時ごろになると思うので、病室には3時ごろ戻れるんじゃないかな。
でも病院はいろいろな患者さんに対応しているので、血がどんどん流れているような患者さんは
優先しなければならないから、あなたのように健康な状態の方は後回しになる可能性があるんですよ」


国立がんセンターは私を含めおそらく皆さんがん患者さん
私は癌患者だけど"健康な状態"に分類されるんだなぁ。。。
ちょっと矛盾してなくもないけど^^

確かに全く自覚症状もないし、毎日走ってるし、これといって不都合はないので
CTに写っている影をのぞけば確かに普通の人より健康な状態だ


「先生、もちろん緊急を要する患者さんを先にしていただいて構いません。
両親が来るもので時間が知りたかっただけなんです。
すみません、わざわざお電話いただいてしまって。。。」


さて、病院から確認の電話も入ったし、いよいよラジオ波の治療だ!
どんなんかな?

同僚は
「先生が痛くないっていうのは、たいてい嘘だよなぁ。絶対痛いに決まってる!」と断言。

え~やっぱり、痛いのかなぁ。。。
看護婦さんに手にぎっててもらわなくちゃ^^




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 07:41:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。