■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ICU(集中治療室)
肺の手術の後はICU(集中治療室)で一泊してから、病室に戻る。
このICUにいるのは、本当につらい
手術直後だからなのかもしれないけどね。
家族がマスクしてのぞきにきてくれて、ちょっと声をかけてくれるが
私はうなずくのがやっと。
麻酔が覚めて震えがとまらないのだ


手術室の延長のような無機質な部屋
部屋の窓を頭にして寝ているだけなので、外の様子も何もかもまったくわからない
目に入るものは点滴のバッグと何かのモニターだけだ

麻酔からさめICUに来ると、オートメーション化されたように
大勢の看護師さんの手が、あっちからもこっちからも伸びで来て
機械から出ているチューブをつけ、体温計をはさみ、酸素マスクをつけ
アイスノンを脇や股関節にあてがい、点滴をつなぎ、痰切り用の噴霧器をあて、としてくれる

自分でやっと呼吸しているところに、酸素マスクをつけると
呼吸しにくいので、よけい酸素がとりこめずに息苦しく感じる(あくまでも自分でそう感じる)
はずしてもらえるように頼むと、"半分だけつけて"と言って顎のあたりにつけておく
のどと唇が干からびている感じ
でも、麻酔から完全にさめていないから誤飲をさけるため水分はとらせてもらえない

目が悪いので、部屋の時計もよく見えない
夜がこのままあけないのではないかという気がする

機械的に次々と作業をこなしていく看護師さん達
一晩中働いて本当に頭がさがる
パソコンのクリック一つで何億と稼ぐ人たちもすごいかもしれないが
労働に対する対価としての賃金として支払うべき金額が払われているのだろうか

1時間ぐらいのサイクルでうとうとしては目が覚める
まだ7時、まだ8時、まだ9時、、、という感じ

夜中の2時、丑三つ時だ。おばけでるかな?
朝4時、あと2時間で朝になる。。。


朝6時。
看護師さんがカーテンをあけて「おはようございます!」と大きな声をかけてくれる

あーよかった! ちゃんと朝になった
こんなに長い夜はもう二度とごめんだ、と毎回思う
でも来月にはまた手術をするんだよねぇ。。。はぁ


先日呼吸器外科の美人外科医のN先生と手術日程の打ち合わせをした

先生に、「手術は2番手にしていただけませんか」とお願いした
「どうして?」
「実は、手術後のICUにいる時間をなるべく短くしたいんです。あの部屋苦手なので」
「なんか若い人はあの部屋嫌がるのよね。じゃすぐ病棟に移りましょうか?」
「あーよかった!」

希望は言ってみるものだ
手術後は一般病棟と言っても、ナースステーションのすぐ前のお部屋なので心配はいらない

ところで癌センターとリタイヤ組の社交ダンス教室では、49歳は若いのだ(*^^)v


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 09:06:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。