■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
国立がんセンター入院
RFA(ラジオ波焼灼)をうけるため、築地の国立がんセンターに朝10時についた

1Fの入院受け付けで待っていると、来るわ来るわ、ぞくぞくと入院手続きの人が。
毎日どのくらいの人が入院するのだろうと、しばし見入ってしまった
受付の方は笑顔で淡々とこなしていく

病室を伝えられ部屋に入った
4人部屋でベッドは窓側だった (ラッキー♪と心の中で控えめに思った)
部屋からはスカイツリーが正面に見える
おのぼりさん気分で早速写真を撮りたかった

でも、すでに2名入院されている方がいて
1名は頭に血のにじんだ包帯、もう1名は緩和ケアの話をしているところをみると
症状は芳しくないのだろう。後頭部は全て毛髪はない

ひとりで浮かれている空気はない。

病院事務の方から、施設についての一通りの説明をうけ、間もなく看護師さんがやってきた
若い男の子だ
一瞬、自費治療だから、サービスのつもりで若い男の子を回したのかと思った
そんなの何の足しにもならないけど

入院すると入院から退院まで手術を含めた工程の説明を受ける
今日のRFAは午後1時~に決まったこと、昼ごはんは抜き、すぐに点滴が始まること、
治療後部屋に戻ったら6時まではトイレ以外安静にすること、などなど。

毎日4-5km走れる体なのに、手術室までストレッチャーで運ばれるそうな。
自分で歩いていけるんだけどなぁ。。。
ストレッチャーは結構幅が狭く、エレベーターのつなぎ目などでは結構揺れる
自分で意図していない方向に動くので、目がまわりそうになるし
エレベーターの中は結構気持ちが悪くなるものだ

そうこうしているうちに妹と両親が駆けつけてくれた
母の顔に表情がない。こわばって緊張しているのがわかる
置いてきたワンコが心配なのか、はたまた私が心配なのか。。。^_^;

いよいよ病室に運ばれる時間になった
手術着を持ってさっきの若い男の看護師さんが来た
手術着は、袖が無い着物のような形状で、肩がマジックテープでとめられていて
手術台にあがるとその肩をベリっとはがして裸状態になるもの

そりゃ、あれだけ入院患者さんがいるんだもの、手術着だってずいぶん使いこまれていて
肩のマジックテープだってバカになっててくっつきゃしない^^

いつぱらりと胸がはだけるかわからない状態で、
「さぁ、このストレッチャーにお乗り!」と言わんばかりに看護師さんは待っている
ジーンズ履いてたって、どうやって乗ろうか、と考えるようなのに。
しかも同室の入院患者さんの付き添いの男性が、ずっとじっとこっちを見ているのに。

ええぃ、もうどうにでもなれ、とばかりに乗りこみましたよ。

やっぱり若い看護師さんは経験値がないのよね。しかも男の子だし。
もうちょっと、カーテンをしめてくれるとか、そういう気遣いがねぇ必要だわ
「寒くないですか」とか、は聞いてくれたけどね。
聞いてくれたので「ちょっと寒いです」と答えたけど、かけるものもってないし^^


じゃ、これからRFAに行ってきまーす!




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 10:39:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。