■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 1
ストレッチャーで手術室の前に到着
そこで病室の看護師さんから、手術室の看護師さんへと患者「私」が引き継がれる

手術室の看護師さんはかわいい模様のついた手術着を着ている

手術室にはCTもあり、私は半分CTのドーナツの中にいるので周りのことは
あまりよく見えない

まずストレッチャーから手術台に乗り移る
体全体に冷えないようにタオルケットをかけてくれる
太もも全体が覆われるほどの電極版が2枚ずつつけられる
体をよじるほど冷たい 「ひょえ~!」

早速点滴に鎮静剤が入れられ、鼻には酸素チューブがつけられる
最初に癌細胞の位置確認をするために、CT撮影をし、ペンで体に印がつけられる
そのペンのひんやりした感覚の所に、針が刺されるのかぁと考えていたら
「これから局部麻酔をしていきますね」と看護師さん

歯医者さんと同じで、最初は表面の局部麻酔を4本ぐらい
それから「中の方にも麻酔をしますね」と奥深くにも4本ぐらい
麻酔の注射って痛いのよね。。。(>_<)  
「中の方」って聞いただけでもっと痛くなるから、言わない方がいいのに

いよいよラジオ波用の針が差し込まれる
後から胸に刺さっている状態の針を見たら、一番細いドライバーぐらいのものだった
それをギシギシを音をたてるようにねじ込んで行く
もうその時点で痛いよ。。。
局部麻酔の注射が追加される

「これから電気を通していきますね」と先生の声が。



<ラジオ波焼灼とは>
「ラジオ波焼灼術は、癌細胞を死滅させるために行なわれる治療です。ラジオ波とは、AMラジオなどの周波数に近い周波数約450キロヘルツの高周波のことで、他の医療機器(電気メスなど)に使用される高周波と同じものです。
腫瘍の中に直径1.5ミリの電極針を挿入し、ラジオ波電流を流すことにより、電極周囲に発生させた熱によって病変を固めてしまいます。固まった細胞は、細胞の機能が失われているために、間もなく死んでしまいます」
東京大学付属病院



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 05:44:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。