■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 2
「これから電気を流していきますね」と先生

キーンという音が遠くで聞こえる
その音が高くなって行く(周波数が高くなる?)と痛みが増していく

最初は胸(肺)が痛かった
痛みの表現をするとき、いつもボキャ貧だなぁと感じる
しいていえば、鋭い痛みではなく全体に重く鈍く、だけど強い痛みといったところだろうか

そもそも、癌細胞が深いところにあるので(だから手術の場合は中葉切除になる)
痛みが少ないところだ、と説明をうけていた
肺の表面(外側)に近いところだと、肋間神経に近くなるから痛みがでるらしい
痛くなかったはずじゃ。。。?

そのうち、右奥歯が痛くなってきた
すると今度は時間をおかずに今度は右肩が痛くなってきた
麻酔なしで抜歯するぐらい、肩から腕をもぎ取られるぐらいの痛み。

「先生、歯と肩が痛いんですけど。。。」
「痛みは時々拡散するんですよね」

そうなの???

痛みで失神する手前を経験してきた感じ。

今回看護婦さんは手を握ってくれなかったので、しかたがなく
自分で手術台のタオルケットを握りしめて体を硬直させて耐えていた

涙が自然にあふれて、目ヤニがついてるだろうなと心配し、
眉間のしわが増えたよな、と気になる
口呼吸なので、唇はがびがび。
女子度さがりまくりだ

喉から絞り出す声は「くぅ~」という音に変わった
「痛い」ということもできない

途中で咳がしたくなった
「先生、咳してもいいですか」
「小さくね」

制限がつくと難しくなってくる
せきが大きくなっちゃって、針がはずれちゃったらどうしよう
自分の胸元をちらっと見ると、20cmはありそうな太い注射器様の針が刺さったままだ

殺人事件現場みたい


「ちょっと休みましょう」と機械をとめると痛みも全部とまる

あ、まだ死んでなかった





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 04:23:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。