■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 4
部屋に戻ると、例の若い男の子の看護師さんが
「じゃ、ベッドに戻ってください」

へ?自分でよっこいしょってベッドに戻るんっすか?

また、もちろん例によってカーテンを閉めるとかしてくれないし

片手で手術着を押さえながら、ストレッチャーを降りる作戦を考えたけど
いい知恵は浮かばなかった

若い男の看護師さんを目の前に、同室の方のお見舞いに来ているおじさんを後ろに
大サービスのほぼ全裸状態で、ストレッチャーからベッドに

はい、確かにお決まりのことは聞いてくれましたよ
「お体ふきましょうか?」
手術中冷や汗と脂汗で手術着はびっしょりだったので

えぇ? 君が? うそでしょ?

「いいえ、大丈夫です」
と半裸のまま自分でカーテン閉めながら、パジャマ着ました
もうやけっぱちだ

ストレッチャーを降りる前に、カーテンの中に入れてもらって閉めてもらえるように
言えばよかった、と後から後悔するも遅し

いつも行っている病院は、同室(もちろん女性ばかり)の方に対しても
ちゃんとカーテンを閉めてくれるし、着替えのとき男性の看護師さんが来たことなんてないし
点滴つながってるから、パジャマ着るときはちゃんと手伝ってくれるんだよね

私も手術もう5回目だから、ひとりでなんでもできますどね


全部済んでから家族を呼びに行ってあげればいいのに、
家族は入り口付近でどうしたらいいものかと立っていたら
「ご家族、入口で呆然と立っていますね」
「(気の毒に、と思いながら)呆然と、ですか」


こういうことはOJTで学ばないのかしらね






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 04:34:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。