■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
県立がんセンター 毎日650人
お世話になった県立がんセンターは
実家から車で10分ほどのところにある。

私はそこで生まれ育ったわけではなく、
妹家族がその近くに家を買ったので、両親達も近所に引っ越したのだが
病院まで近くて便利、功を奏した ^_^; 形になった。


私が癌とは無縁のころ、実家に行くときはその病院の近くを通るたびに
「この病院に行く患者さんは、自分が癌だって知っている人なんだ」
と思い胸を痛めた


というのも、癌というのはやはり一番死に近く
患者さんにはあまり癌であることを教えないというイメージがあったからだ

だから癌という言葉を冠した病院に行く患者さんというのは
よっぽどのケースではないだろうかと思っていた。



ところが実際に患者として病院に行ってびっくり。
普通の総合病院のようにたくさん患者さんがいる。

「うゎ~ みんな癌なんだよね?」


会計は銀行のように番号札をとるのだが、
夕方5時ごろの最終の会計になると650番ぐらいになる

つまり毎日650人ぐらいの患者さんが病院に訪れているのだ

最近よく言われている2人に1人が癌になる時代、
というのもまんざら遠からずなのかもしれない



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

県立がんセンター | 07:55:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。