■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 5
「午後6時までは、トイレ以外は安静にしてください」
「最初のトイレの時は、麻酔が抜けていないと転倒したり危険なのでナースコールを押してください」
「点滴はあともう1つ終わったら終了です」
「あとで、止血用の点滴を入れます」

その後は、もう自由にしても構わないのこと

「じゃ、あとでちょっと築地の場外市場に行ってきます♪」
「あ、それはちょっと困ります」

一通りの説明が終わり、家族が入ってきて、ラジオ波焼灼の様子を全部語った
待っているものは気が気じゃないだろう

でも、癌センターの19階の"展望レストラン"でランチを食べたそう
安心した
そういえば、病院の説明で患者さんも自分の食事を持って
そのレストランに行って、一緒に食事することもできると言っていた

病室も広いし、部屋についているシャワーもお手洗いも広く
また自動的に検尿できるトイレになっているし、施設は断然いい

喉が渇いていたので、色々飲み物を買ってきてもらったので
テーブルはテニス部合宿の部屋飲みのように空き缶・ペットボトルだらけになった

最初のトイレも麻酔の影響もなく問題なく行ってこれた
6時ごろ2回目のトイレからベッドに戻ったら事件が起きた

右わき腹のあたりが生ぬるく濡れている感じがした
左手でパジャマの上から触ってみたら出血していることがわかった

結構どくどくと流れている感じ

ナースコールをし「あのぉ、血が出ちゃってるんですけど」
看護師さんたちは忙しいので、ナースコールを押すのはいつもためらう
でも、今回の場合はナースコールを押してもいいだろう

急に病室が緊急病棟と化した
「先生に連絡して!」
「脈拍40に低下!」
「血中酸素95!」
6人ぐらいの看護師さんがワラワラと対応にあたっている

「私、いつも走っているので、脈は52ぐらいなんですよ」
「スポーツ心臓なんですね」
「あ、でもまだ毛は生えてませんけど^^」

入院中は何か言わなくちゃいけない気がしちゃうのはどうしてだろう^_^;


担当でない先生が来て診察
胸部は筋肉が多くまた乳腺があるので血管が多いのだそう
そういえば、手術中も看護婦さんがずっと血を拭っているのがわかった

「圧迫止血で様子みて」
今度は若い女の子の看護師さんが文字通りガーゼでぎゅうぎゅうと圧迫
「いてててて。。。もうちょっと軽く押さえてくれませんか」

でも、肺からの出血でなくて安心した

5cmぐらいの厚さに折り畳んだガーゼを傷口にのせて
上半身いっぱいに大きく"×"の字でテープでとめられ、戦場の負傷兵となった

「今パジャマ交換しますね。替えありますか?」
「一泊なのでこれしかないんです。あぁ。。。私のミッキーの勝負パジャマが。。。」
「じゃ、病院の貸し出し用を持ってきますね。あとでパジャマちょっと洗ってきます」

上半身は変な病院のパジャマ、下半身はかわいいミッキーとミニーのパジャマ

結局その日の晩はトイレ以外にはどこにもいかず、ずっと拘束されていたが
消灯前にとった部屋からの夜景はきれいだった


夜景









関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 04:48:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。