■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 7
先週水曜日にラジオ波焼灼をうけ、すごく痛かったし、
保険がきかないから病院に逆戻りしたくなかったので
その週末まで細心の注意をはらっていた

もちろん、歩くのもゆっくり、息がきれるので筋トレもなし。
体を動かさないと非常に怠けているような気がするけど、そこはガマン。

でも、翌週仕事に戻るから歩けるようにしておかなくてはならないので、
最初は駅まで、休みながら歩く練習をした。
次は休みなしで駅まで。
ちょっと息がきれると、大丈夫かな、とドキドキする

言われていたけど、血痰が出たときはちょっとびっくり。
いかにもどす黒い血で、鮮血ではなかったので安心。
手術後の血が固まって出たのだろう


仕事はデスクワークなので、通勤さえできれば仕事に戻れるから。
そして予定通り、ラジオ波の翌週月曜日から仕事に戻った。

毎日少しずつと距離をのばし、この週末はいつものジョギングコースのショートコース
(3.5km)を完歩。 イェイ!

もうそろそろ、ちょっと走ってみようかな?


ラジオ波焼灼治療後の体については、
まず、刺した針の穴は1mmx3mmぐらいかな?もうちょっと大きいかな?
針だから丸いのかと思ってたけど、長方形だったね。
表面の傷が痛むことはなかったけど、大きく息を吸ったり、くしゃみをすると
治療した方の肺だけ鈍痛があった
処方してもらった鎮痛剤(口径と座薬)を使うほどの痛みも発熱もなかった
日曜日からお風呂も入れた(それまではシャワー)

治療時はものすごく痛かったけど、1泊入院、3日の休暇、すぐ仕事に戻れる、ことを
考えると、手術に比べたら雲泥の差。
もしそれらを換金して手術の費用に乗せたら、同じぐらいになるのではないだろうか。

お金はあくまでも対価だから、なんとも言えないけど

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 19:30:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。