■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術前検査
昨日は12月の手術に向けた検査に病院に行って来た

MRSAメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-resistant Staphylococcus aureus)
の検査、肺機能検査、呼吸トレーニング教室、先生との外来だった。

MRSAの検査は当日朝の便と病院では大きな綿棒を鼻とのどに入れる
看護婦さんが、「ちょっと、こちょこちょしますよ~」と。
いやいや、看護婦さん。こちょこちょじゃないでしょ? めっちゃ痛いっす(涙)
もし便を忘れた場合は「お尻もこちょこちょ」するらしい ^^

次に呼吸トレーニング教室行ったら、参加者は4名だった。
すべて肺の手術を受ける人達で、他の3名は全員73歳以上だった
手術日は火・木なので、同じ週かその前後で手術を受けるのだろう

部屋の外で待っているとき、私以外皆さんは「癌友」になっていた
同じ病気を持っていると、お互い励まし合っていいと思う

みなさん初めての肺の手術で、真新しいボルダインの使い方の説明をうけた

空気の量は年齢と身長で決まる。私の場合は2250cc。
他の方は1300ccぐらいなのに、がんばっても1000ccぐらいの方もいた。
私はみなさんの娘ぐらいの年齢だから、「私は2500ccできます!」と若さを強調してみた(笑)

先生の説明によると、手術中人工的な呼吸になることと、手術後の痛みにより
手術後は約30%呼吸量が落ちるとのこと

確かに私も一番最初両肺を同時に手術したときは、1000ccにも到達しなかった。
でも肺を膨らませて自分で呼吸できるようにするためには、痛みに耐えリハビリするしかないのだ
手術前2週間、腹式呼吸を3分、ボルダインを15回をセットで1日4回行う
仕事してたらなかなかそんなにできないけど。

腸の手術は痛い+腸が落ち着くまでトイレが大変で
肺の手術は苦しくて、死ぬかもと感じる局面がある

いずれの場合にも非常に苦痛が伴う
70歳半ばでこんな大変な手術をうけるなんて、心が痛む。

自分が73歳ぐらいになって癌だったら、手術はうけない。
自然にまかせて、歳で死ぬ原因の一つが癌だった、というようにね。

次に肺機能検査をした
ラジオ波焼灼を受けて約10日後、前回7月26日の検査結果と比べて160cc落ちた
それでも平均より15%多いそう。 
ラジオ波の後1週間は大きく息を吸ったり、くしゃみ、治療した右を下にして寝ると痛かったから
結果が悪く12月に手術ができないということになったら、と心配していたが、大丈夫だった

記録が更新できず残念だったけど^^


さあ、あと2週間でいよいよ入院+手術だ!




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 09:05:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。