■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 8
昨日築地の国立がんセンターに行って、ラジオ波の術後診察を受けた

保険が使えないと説明を受けていたので、一昨日行ったいつもの病院でレントゲンを撮ってもらい
CDにダウンロードしてもらい持って行った
結局昨日の診察には保険が適用されていたんだけどね。

レントゲン写真を見ると、結構大きく丸い影が写っている
ラジオ波で焼いたところだ
直径3cmぐらい、と言っていたのでゴルフボールぐらいだろうか
中葉を摘出することを考えたら小さいもんだ

胸部外科の先生が「臨床試験だから定期的に通ってください」と言ったが
最初に説明をうけたラジオ波専門の先生は、
「治療後1回は見せに来てください、あとはいつもの病院でいいです」と言っていた

あっちもこっちも通院するのは面倒なので、いつもの病院でフォローしてもらえるように
お願いしてきたので、築地はもう来ない予定
帰りは東銀座まで歩いたので、最初で最後に見た歌舞伎座の写真を撮ってきた

P2013_1119_163309.jpg  P2013_1119_163408.jpg


先々週のラジオ波焼灼の退院時のお支払はまだ計算できていなかったので
昨日それも一緒に払って来た

硬膜外麻酔もなかったし、気胸(肺から空気がもれる)もなかったので 
「早・安・短」で約23万ぐらいだった
当初40万と聞いていたので、予定よりだいぶ安くあがった


先週末までは大事を取って歩いていたが、昨日から軽く走り始めた
いつも運動するときは体と相談している

気持ちは運動したくても、体がついてこないときもあるし
疲れているとかあんまり運動したくない気分でも、動いてみると意外と動けたりと
気持ちと体が連動していないことがあるから

昨日も、だめだったらいつでも途中で引き返そう、と思って走り始めたら
「あら、大丈夫じゃない」と、気づいたらいつものショートコース3.5km完走。
ちょっと2-3日走らなかった、程度の体の鈍り具合だった

見えないところの傷もちゃんと癒えているんだなぁ


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 08:41:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ありがとうございます!
コメントありがとうございます。
ご主人とお父様とご家族2人でささかまさんのお気持ちを想像すると辛いです。
少しでも楽に、痛みの少ない治療が受けられるといいですね。
私も陰ながら応援しています!

私は脳天気なので「なるようになる、なるようにしかならない」という感じで適当ですので大丈夫です(^O^)

2013-11-20 水 23:38:32 | URL | [編集]
いつもこっそり応援しています。
主人が肺癌で手術、父が肝臓癌でラジオ波を受けました。
話す方も下手なら聞く方も下手で、本人達の痛みを理解するのは大変ですが、くろちゃんママの文章が分かりやすくてとても参考になります。
頑張って下さいね。


2013-11-20 水 23:17:45 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。