■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
RFA(ラジオ波焼灼)治療詳細 9
11月6日にRFA(ラジオ波焼灼)を受けて、19日に術後の診察を受けた
その時にとったレントゲン写真(色を反転してあります)

レントゲン写真

見えている左側が右肺、右側が左肺になる
丸で囲んだ部分がRFA(ラジオ波焼灼)をしたところだ。
真ん中に見えているのが心臓で、心臓はみぞおちのあたりにあるから
そのとなりあたり、ということになるが、針を刺したところはあと5cmほど上だ

焼いたところは約3cmぐらいと言っていたが、今後消えてなくなるわけではないが
多少自然退縮するらしい。 やけどと同じようなものだろう

また右肺少し上に見える丸い円盤状のものは、抗がん剤治療時に埋め込んだポートだ
ポートの位置は鎖骨から7-8cm下がったところだ
(ポートについてはまた今度詳しく書きます)


昨日22日(金)夜11時過ぎに85歳の友人から電話があった

今ちょうどテレビを見ていたら、あなたがしたラジオ波のことやってるわよ。
3cm以内のものなら、90%死滅させられるって。だからあなたも大丈夫よ。
その患者さんも5年後も全然問題ないって言ってたわよ

そんな遅い時間、何かあったのかと思って心配してしまったが
「私はいつもこのぐらいまで起きてるのよ」と。

私の家にはテレビがないので、残念ながらその番組は見れなかったので
ネットで番組表をチェックした

三重大学医学部附属病院で入院している60代の患者は以前に手術で肺を4分の1切除している為、新しい治療を受ける事になった。「ラジオ波焼灼療法」と呼ばれるこの手法は、針を肺ガンに刺し高周波の電流を流し50度の熱でガンを焼き殺す仕組みで、治療にはマルチスライスCTを使い、肺をリアルタイムで撮影しながら針を刺すという。現在、保険が効かない為に費用は30万円ほどで、直径3センチ以下のがんを90%死滅させたという治療成績がある。
テレビ東京

いつも気に留めていてくださってありがとうございます。
あと再発さえなければ、大丈夫だと思います






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

RFA(ラジオ波焼灼) | 09:42:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
他の病院の先生に宛てた手紙やCDデータは患者さん本人は見ることができません。
すごく不思議なのですが。。。
以前受付に聞いたんですが、事務的に見てはいけない、と言われただけで納得できなかったので
ネットで調べてみたところ、内容は患者についてだが、宛先は先生なのでたとえ患者本人でも
信書扱いで見てはいけないそうです

前置きはともかく、病院に提出して返却してもらったCDは自分で見れますが
いろいろデータが入っているとわかりにくいですね。
今回はレントゲン写真が2枚だけだったので、すぐに取りだせました

丸印は赤か何かでつけたかったのですが、なぜかできませんでした。

私も機械音痴です(笑)



2013-11-23 土 19:01:57 | URL | くろちゃんのママ [編集]
貴重な画像ですね!
反転してあると、とても分かりやすいです。
医療用なんだろうと諦めていたCD…セカンドオピニオンのたびに焼いて貰ったものがあるのですが、今日見てみたら、小さい画像が100枚以上入っていました。
これをどうすればいいのか分からない機械音痴です。
取り敢えず観察して満足しています。


2013-11-23 土 15:00:19 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。