■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
勤労感謝の日
昨日は勤労感謝の日だった
今までは、勤労している人は働いてはいけない日だ、と大きな顔して休んでいた

病気になってから、手術のたびに3週間ほど休み、
抗がん剤の時は、3週間に1度休み通院し、副作用でその半年間は半分死人で
ほとんど生産性のない人となっていた

職場の方々の協力がなかったら、ここまで仕事を続けることはできなかった

あと2週間でまた次の手術をうける
12月の仕事復帰はほぼ絶望的だ

幸い今の仕事は12月が一番忙しくないのでちょっとは安心だ
だからこそ、手術を12月に設定したのだが


大きな会社じゃないので、私が休むことによって他の人が休めない
私の仕事をみんなでカバーしてくれている
みんなに大きな負担をかけている

手術以外はまったく普通だし、ジョギングもできるし
他の人以上に健康な状態なんだけど
みんなに迷惑をかけながら仕事を続けるのはそろそろ限界かな、と思う

そうなったら、次に仕事はみつかるのだろうか
この不景気、新卒だって履歴書を100通も送るような時代なのに

やはり病気になると仕事とお金の不安が出てくる


勤労感謝の昨日、本当に勤労できることに感謝した









関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 04:56:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
ささかまさん
暖かい励ましのおことば、ありがとうございます。
はい、職場のみなさんの真心は痛いほどに受け止めています。
それだけに、心苦しいところもあります。
自分だけ病気だからと、当たり前に休み、
みんなは遠慮しいしい休みをとる状況がずっと続いています。
もちろん私が逆の立場なら同じことをすると思うのですが、
やはり思うことはたくさんあります。
ご主人もお父様もささかまさんが一番の大きな支えとなっていると思います。


2013-11-24 日 21:41:57 | URL | くろちゃんのママ [編集]
主人は病気が分かって辞表を提出した折りに、社長から「ダメだ。待っているから治しなさい。」と言われて以来、余命を更新し続けています。
5年以上自分のペースで身勝手な仕事をしていますが、それでも本当に必要だと言ってくれています。

自営業の父に仕事を辞めて欲しくなくて、ピンチヒッターが出来るように私が資格を取りました。

体が辛いのならば誰も無理をさせようとはしませんが、身を引くのだったらどうでしょう?

どのような状況かわからないのに無責任なことは言えませんが、今懸命に支えてくれている方の真心だけは、受け止めて欲しいです。

きっと「力になりたい」とか「体を優先して欲しい」とか、皆思いは一緒だと思いますよ。

2013-11-24 日 19:34:05 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。