■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
もうすぐ手術
いよいよあと1週間で手術だなぁ~ ^_^;

FAQ(よくある質問)
Q: 初めて手術を受けるときと、痛みやどんなことが待ちうけているか既にわかるリピーターとして
   手術を受けるときと、どっちがいい?というか楽?


うーん、難しいなぁ。まずはどっちも嫌だけど^^
知らないと、臆せず臨むことができる半面、想像できない怖さがあるし
知っていると、想像できる分覚悟ができるが、逃亡したくなる^^


でも、手術で下記4つを乗り越えられればなんとか大丈夫


(1)手術前日絶食 - 餓死しそうだもん。点滴で空腹はみたされないし^_^;


(2)手術直前の硬膜外麻酔 - 痛いし、脊髄という場所柄何か失敗があったらと心配
   それに麻酔科の先生怖いの~
   「やりたくないなら、やらなくていいから。どうする?」とか脅すのよ(涙)


(3)手術が終わって麻酔から覚まされた時
   極度の体の震え(多分体温が下がっているから)があって非常に不快。
   あとは呼吸が苦しい。これは毎回本当に苦しい。
   痛みがあるとき呼吸が浅くなって、ただでさえ息が吸えない圧迫感があるのに、
   酸素マスクをつけると自分の好きなように軽く空気が吸えず
   密閉空間でわざわざ労力使って吸い込まなければならない(単なるイメージかもしれないが)
   また1時間に1回ぐらいネブライザー(痰切り用の噴霧器)をあてるので、
   その時は空気が湿度で重くなり更に吸いにくくなる
   「もうやめて~! 空気吸わせて~!」と言いたくなる。
   湿ったマスクして長距離走った感じ、と言ったら少し想像できるだろうか。
   なので、いつも酸素マスクは顎のあたりにずらしてもらう


(4)手術終わってから翌朝までの1日が長い - ほとんど動けない体で一晩過ごす苦痛
   体はチューブだらけで寝返りもうてないので、あっちこっちが痛くなる
   

考えてみたら、手術当日朝~翌朝までのこの1日さえ乗り切ればなんとかなるんだな。


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 03:50:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。