■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
入院 Day1
ただいま病院から

午前中担当のお医者さんからの説明。

手術の方法は胸腔鏡手術(胸腔鏡を使った小切開胸併用)、わきの下あばら横あたりを約10cmぐらい切開と
胸腔鏡用の穴(直径1.5cmぐらい)をひとつあける。
術後約8日間で退院。

手術であけてみて、胸膜播種(きょうまくはしゅ)といって胸膜に飛び散ったように癌が転移していた場合
いくら肺のがん細胞を摘出しても、胸膜に転移していたら摘出する意味がないので、手術をしない場合もある。
今回左側の2個のうち、1個が上葉と下葉の境目にあるので、肺ど真ん中にあるより胸膜に転移する可能性が
少なくない。

合併症としては出血、肺炎、気胸(空気漏れ)など、枚挙にいとまがない。

多量の出血の場合、輸血もする可能性があるが、自分の血液を先に保存するほどの可能性ではない
(100人に1人ぐらい) また保存液など、手間もかかる。
つい先日輸血によりHIVに感染したニュースを聞いたばかりなので、出血しないように願うばかりだ。


と、おおよそ楽しくない話ばかりを聞いて、その後は色々な痛い検査がまっている
血液検査、動脈採血(血液ガス)、耳を切って血が止まる時間をはかる検査など。
あとは、レントゲンや尿検査など痛くないので問題ない

お昼は秋刀魚の開きに豆腐、きゅうりの酢の物に杏仁豆腐。
明日からはプチ断食 ^_^;







関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 15:02:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
ありがとうございます!
まな板の鯉です^_^;
2013-12-04 水 19:04:58 | URL | くろちゃんのママ [編集]
手術前検査!
目まぐるしいですよね。
付き添いの私も横で同意書の処理に追われていました。

いよいよで、こちらまでドキドキして来ました。
色々なリスクは心配ですが、くろちゃんママには起こらないようにお祈りして置きますからね。




2013-12-04 水 00:21:35 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。