■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
入院 Day2
夕べは寝られなかった

隣のベッドの方が、一晩中嘔吐をくりかえしていた
かなり苦しんでいるようで、気になってしまった

おそらく抗がん剤入院の方だろう
胸部外科の病棟なので乳がんだろうか


今朝は腎機能テストから始まった
おき抜けで500ccの水またはお茶を飲み、尿検査と血液検査をする

その後手術室担当の看護師さんからの説明があった。
硬膜外麻酔の説明部分で、部分麻酔をするとき「ちくっとしますよ~」

いやいや、"ちく"じゃないから。めっちゃ痛いのよぉ、と言ったら
非常に恐縮して「申し訳ありません。経験がありませんので」と。
あぁごめんね、意地悪するつもりじゃなかったのよ^^

午後からは麻酔科の先生との面談
「手術の経験があるから逆に心配になることもあると思いますが、安心して任せてください」

はいはい、頼りにしてますよ~!

麻酔からさめた後、いろいろ器具がつながっているのに、無意識に手足を動かす場合
拘束することもあるらしい。
それから震えで歯がガチガチいって歯がこわれそうなんだよね~
目が覚めたときにのどに人工呼吸用のチューブが入っているかもって、ドキドキするじゃん(冷汗)


昨年11月に入院したときの3人の看護婦さんたちが今年もいて、私のことを覚えていてくれた
「え~、あれからもう1年たつの? 早いね~」
うれしいかったけど、違う場所で会いたかったなぁ~

看護婦さんからのいろいろな問診のなかで、
「この1年で何か大きな変化はありませんか?」
「はい、1つ年をとりました!^^ お肌のしわが、、、たるみも。。。」
「あのね、言わなきゃわかんないから(^_^;)」


あ゛~ いよいよ明日だなぁ~
朝8時30分には手術室に行って9時からスタート

逃亡したいよー


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 13:12:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。