■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
癌になったとき、家族への伝え方
同じ病室に、乳がんの女性がいた

最初は500円玉ぐらいだったのに、数ヶ月であっという間に10cmほどになってしまったそう

10cmになってしまうと、切除するには大きすぎるので
まずは約半年間抗がん剤を受けて、癌細胞が小さくなってから摘出手術をすることになったとのこと

もう12月、抗がん剤・手術が終わって一息つくころには9月になってしまう、と悲しそうに話していた

抗がん剤を使うと、免疫システムなどが弱くなってしまうので、手術をするにはとめてから
最低1ヶ月は待たなければならない
何かを食べて免疫システムが劇的に改善されるものでもないので、ただ待つしかない
場合によってはそこで時間のロスが生じるかもしれない


彼女は50歳ぐらいで、トリプルネガティブの乳がん(予後が悪い悪性)で約8ヶ月と言われたそう
私も同じ癌患者だけど、かけてあげる言葉がみつからない

彼女は、今はとても元気なので、離れたところに住んでいる実家の80歳過ぎているお母さんには
まだ伝えていないそう
今のところこんなに元気なのに、癌だと伝えただけで、イメージが先行し気をもませて
余計な心配をかけてしまうのでと言っていた


先日ネットで、だんなさんが癌になって、奥さんと子供には病気のことを伝えずに
長期出張と偽り癌の手術をした、という記事を読んだ

私は便潜血があったこと、大腸内視鏡検査をうけて、その結果直腸癌だったことまで
ぜ~んぶ両親と妹に伝えていた

よかったのかなぁ、とちょっと反省した





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 04:16:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。