■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術詳細 -2
手術台は狭くて高いので、ステップ台がついている
そこに、履いてきたスリッパを脱いで、よっこいしょ、と手術台にのぼる

最初に手術室担当の看護師さんが手術確認指示書のようなものを読み上げる
去年の11月の手術のときにはなかったので、追加になったのだろう

麻酔の準備はできていますか
○○(名前忘れた)は用意してありますか
輸血の準備は用意できていますか
などなど


まずは硬膜外麻酔から始まる
手術台ギリギリのところに、背中をエビのように丸めて横向きに寝る
先生は背骨の数を上から数えて位置決めするみたい
場所が決まると部分麻酔をして、硬膜外麻酔のチューブを入れていく
鈍い痛みがズンズンと響く感覚
我慢できない痛みではないが、不快な痛み。つまり痛い

去年は痛い、痛いと言っていたら「嫌ならやめてもいい」と
麻酔科の先生が怖かったので、今年は黙って痛みに耐えた^^;


それが終わると、仰向けに体制を変える
狭いので落ちないように、との一心だ

次に右の手の甲の静脈と手首動脈に点滴用の針をさす
手の甲なんて痛いんだから、ほかのとこないのかしら?
でもちゃんと細い針で部分麻酔をしてくれた

動脈のときには、手首が注射用まくらにテープで固定された
「固定するってことは、痛いってことだよね」と心の中で思った
先生が「あぁ、もう本当に血管が細いなぁ」と最初に入れたところから
別のところに入れなおした (涙)
あとで右手首は虐待後のように真っ青になった

すべてが終了し、いよいよ先生が
「じゃ、これから麻酔を始めます。酸素マスクと腕の麻酔からと両方一緒に入れてます。
すぐに麻酔がかかりますから」

いよいよだ 

と、思ったら、手の甲に硫酸でもかけられたのかと思うぐらい熱くて痛くて
思わず「いてっ!!」と頭を持ち上げたと同時にすぐにばたんきゅー
ほんとうに、すぐに麻酔がかかった(笑)




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 04:19:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。