■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
入院 Day4 Part1
入院Day3は手術日だったので今日は翌日のDay4について

私の個人的な希望でICUに入らないようにしてもらった
その代わりに、ナースセンターから一番近い個室に2泊した(1泊だと思っていたけど)

朝6時に電気がついて病室の朝が始まる

個室に戻った手術後の前日午後3時から朝6時まで一睡もできなかった
長い長い夜がやっと終わった

これが終われば入院&手術が半分終わったようなものだ

手術前日午後9時から翌々日朝6時まで、水も飲んでないので、とてものどが渇いている
とにかく何か飲みたい
吸い飲みに水を入れてもらって飲んだ
水が胃に到着する前に、唇と口、食道の壁面で全て吸収されてしまったようだ

最初、ペットボトルのキャップにストローがついているのを買ったが、
寝ていると飲めないことに気づいた。
誰が考えたのか、吸い飲みは偉大な発明だ^^

吸い飲み

ICUではおしぼりも出るが、個室では用意されなかった(残念)
また尿管を抜いた後、ICUでは腰の下に空気の入ったゴム製の浅いたらいをひいて
陰部を洗ってくれたが、個室ではおしめを敷いてソープでちょっと洗って
ちょっとお湯をかけてくれただけだった
あとで、かぶれないようにウォシュレットで洗い直した


尿管が抜ける前、つまりまだ歩いてはいけないとき、
「お手洗いに行きたくなったらどうするんですか」と看護婦さんに聞いてみた
「お通じですか?ポータブル便器を持ってきますので、それでお願いします」
うーん、ハードル高いな

手術前日下剤を飲んでるし、当日は浣腸してるけど、
だめって言われると行きたくなるのが心情
でも、がまん、がまん



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 04:44:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。