■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
癌の治療と検査の時期
退院前日に先生から手術のこと、術後の注意点などについて説明があった

風邪・インフルエンザに注意すること、痛みどめ(経口)は減量していくように、
呼吸困難・発熱・傷の異常などあがあったときの対応、など。
抜糸は次回外来(27日)に。

去年は抜糸までシャワーのみ、だったのに、今年から湯船OKに変更になってた!
2011年から毎年手術をしているが、毎回少しずつ、小さなことだけど変更点がある


また、今後のフォローについて聞いてみた

手術が終わってからCTを撮るタイミングだが、
4カ月ごとに2回(つまり8カ月)、その後は半年に1回を5年間追っかけていくのが
標準と言われているそうだ
その後は1年に1回に減らしても問題ないとのこと

もちろんこれから5年8カ月間 "何もなければ" のことであって
途中で再発があれば、また振り出しにもどってまたそこから5年8カ月ということになる


更に先生に聞いてみた

私「私の痛みやら他の事は除外して考えて、肺の機能的にこの程度の規模の手術は
あと何回ぐらいできるのでしょうか」 

先生「そうですね、あと5-6回は大丈夫でしょう」

私「あと5-6回? そ、そうですか。。。」

私の経緯は
2011年直腸癌(手術)から両肺転移、両肺同時手術
2012年、右肺再発で手術
2013年、左右両肺再発で、右肺をRFA(ラジオ波焼灼)、左肺を手術

私「先生、私のように大腸癌 → 転移 → 再発 → 再発していますが、こういうケースは
一般の方より再発率は高いですか?」

先生「必ず再発します、というわけではありませんが、再発する可能性が多いにあると
考えざるをえないでしょう」

私「そうですか。例えば今回の治療をもって、今後一切の検査も治療も行わない、と言ったら
どうなるのですか」

先生「もちろん、それも選択肢のひとつではあります。ただ手術というのは、一番確実性が高く
1週間~2週間もすれば必ず回復しますから、有効的な手段とみなします」

私「確かにそうですね(痛いけどね^^)」

先生「例えば抗がん剤となると、体もしんどいですし、長期になりますから大変ですね」

私「はい、抗がん剤はもう二度としたくないですね。実際8クール半年間受けたのに再発しましたから」

先生「抗がん剤の捉え方もいろいろで、やったからこの程度ですんでいる、とも考えられます」

私「確かにそうですね」


いろいろ考えさせられるなぁ。。。
どうやら本当に今後一生、検査→手術 の繰り返しになるかも。
といってもあと6回がマックスだから毎年再発ならあと3年か


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 04:19:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
ささかまさま、
いつもコメントありがとうございます! また応援もありがとうございます!

そんな大それたことはしていないのですが、目の前の道を歩いて行くのみです。
たとえそれが砂利道だろうと、山道だろうと、行くしかない、という気持ちです。
あきらめじゃなく、前向きな「しょうがない、行くっきゃない」という気持ち。

でも、手かせ足かせがついた感じで、どこかうっとうしい、全部投げ出したい、
どうせダメかも、という後ろ向きな気持ちとも常々拮抗しています。


抗がん剤は、効果と期間が見えない分、頑張り甲斐がないのでモチベーションがあがりません。
たとえ辛くても、あと○回がんばれば治る、ならがんばりようもあるのですが。。。


はい、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ、ですね! 了解です(^^ゞ
体力つけておきます!



2013-12-13 金 22:03:16 | URL | くろちゃんのママ [編集]
いつも思うのですが、大変シビアな内容をとても冷静に受け止めていらっしゃるのですね。

主人もいくつもの抗癌剤が効かなかった経緯があり、今は転移・再発を手術と放射線治療で凌いでいます。

全身治療である抗癌剤をしない以上次々と出てきてしまうのは仕方がないと思っていますが、いつかは終わると信じて敵を千切っては投げ千切っては投げしていきたいです。

そうこうしているうちに医療が進んで解決するかもしれませんしね。

同じように頑張っている方がいられることは、とても励みになります。
あと3年と言わず、ずっとお元気でいて下さい。

2013-12-13 金 15:41:48 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。