■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
入院 Day4 Part2
テレビドラマで見る心電図測定器だ
手術後、個室に戻った後使われていた

心電図

実はこの器械、急患の方が必要だからと他の病室に移動して
その後私はポータブルの心電図を代わりにつけていた

もともと心拍数が少ないが(走っているので平常値が61ぐらい)
寝ているときにはそれが更に40ぐらいまで落ちるので、念のためつけられていた
後からわかったが、残念ながらその急患の方はお亡くなりになった

尿管、足のマッサージ機がはずれ、午前中には歩く練習が始まった

一番最初の手術同様、硬膜外麻酔の影響でめまいと吐き気に襲われ、すぐに吐いてしまった
看護師さんがさっそく違う麻酔につけかえてくれた
少し休んだらおさまったので、歩いてみた

まだまだいろいろ"お供"を従えなければならない
胸腔ドレーンの機械(下記写真。これが結構重く、電源も必要、重いものは傷に響くのに)

P2012_1116_061521.jpg

点滴、硬膜外麻酔、心電図。
体が弱っているところに、これらを引き連れて歩くのは大変だ
転ばないように、コードにひっかからないように、点滴がからまって抜けないようになど


体育会系だからか、いつも歩きだすと一気に調子がよくなる
全身に血が巡るからかな。

手術当日夜は、浴衣がびっしょりになるぐらい汗をかいた
でも寒いより暑い方がいいので、アイスノンが欲しいかどうか聞かれたけど断った

そんなんで、とにかく髪が変な脂汗と冷や汗とでベタベタ・ギトギト、脂ギッシュだった

だからあとは髪を洗えば完璧、気分爽快になって、さらに調子がよくなる


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 04:52:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。