■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
残りの入院生活
入院してから3日目の木曜日が手術日、翌日金曜日まではいろいろ大変だったが
その週末からだいぶよくなった

7日(土)は点滴を付け替える間に、シャンプー台で髪を洗って来た
まだ胸腔ドレーンが硬膜外麻酔がついているので、シャワーは入れない

その後は、外の空気も吸いにちょっと外にも出てみた
冷たい空気が気持ちよかった

手術翌日の昼から食事もとれるので、7日(土)夜には点滴が終了

8日(日)朝にはドレーンが抜けた

こうして、ひとつ、またひとつと、身軽になって"お供"が少なくなっていく
あとは硬膜外麻酔のボトルだけだ

先生に、「1日でも2日でもいいので、早く退院したい」とアピールしておいた
「そうですね、術後3日後ですが6日後ぐらいに元気だし、若いし、早く退院できると思いますよ」
「おっし!」と心の中でガッツポーズ

9日(月)からは、病人気分一掃のため、昼間はジーンズ+セーターの普段着にした

硬膜外麻酔が抜けない限り退院できないので、一度とめてみた
手術後軽い咳4-5日続くが、その咳がきっかけで傷が痛み、
また硬膜外麻酔を再開してしまった(涙)

10日(火)にはまた硬膜外麻酔をとめてもらって、
飲み薬の鎮痛剤で痛みをコントロールするようにした
咳があっても、なんとか我慢できる痛みになってきたので、夜取り外した

硬膜外麻酔がぬけて、やっと全身シャワーが浴びれた! すっきり!
今までは髪+おへそから下のシャワーだけで、脇の下は抑汗シートだけ。

そして11日(水)念願の退院! 予定の13日(金)より2日早かった(^O^)



あぁ~! 病院じゃないって、なんて素敵なの!

11日は実家に泊まった
去年は抜糸までシャワーだけだったが、今年はお風呂(湯船)OK!なので
2日(月)以来9日ぶりにゆっくりお風呂に入った

真冬にシャワーは寒いのでありがたい。

翌日は両親+両親のワンコ+妹と、大勢に自宅まで送ってもらったお姫様最終日でした!(*^^)v

これで手術+入院は終了。
これが最後の手術になりますよーに!


ps
体が手術に耐性ができてきたのか、自分でもびっくりするぐらいの驚異的な回復力だった!^_^;
やっぱり体力勝負になってくるね。

引き続き鍛えておかなくちゃ、不測の事態に備えて。


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

入院 | 04:53:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。