■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【感動秘話】ピンクの「チュチュ」を着て世界中で写真を撮りまくる変なおじさん!? 彼が妻に与えたかったもの
【感動秘話】ピンクの「チュチュ」を着て世界中で写真を撮りまくる変なおじさん!? 彼が妻に与えたかったもの

写真家のボブ・ケアリーは、世界中のいたる所に、変な格好で訪れて自分の写真を撮る。米ワシントンのリンカーン記念館や独ベルリンのブランデンブルク門などへ行って、写真を撮るのだ。

問題はその格好。彼はバレリーナが着用する、ピンクのチュチュだけをまとって、上半身丸裸で珍妙なポーズをとる。ボブは若くもなく、イケメンでもない。どこにでもいるようなデブのおじさんである。一見するとただのヘンタイおじさんだ。実は彼は、愛する妻のためにこの営みを続けてきたのである。

・妻に与えたかった最良のクスリ
彼の営みは「チュチュプロジェクト」と名付けられている。彼の妻リンダが乳がんを患ったことをきっかけに、このプロジェクトは始まった。ふざけてないで、献身的に看病するべきではないかと思われるかもしれない。しかし彼が妻にもたらしたかったものは、最良のクスリであった。

・笑顔
そのクスリは誰もが持っているもので、周りから引き出すことができるものだ。ボブがチュチュを来て、世界の名所で撮影した写真は、はっきり言って滑稽である。「なんじゃこりゃ?」と思わずにはいられない類のものだ。その写真を見ると、リンダは笑わずにはいられないのだとか。つまり「笑顔」を与えたかったのである。

・他のガン患者にまで影響
妻の笑いのツボを心得ていたボブは、できるだけ滑稽な写真を撮るために、わざわざチュチュ一枚だけで珍妙なポーズをとった写真を撮り続けたのだ。その結果、入院していた彼女は明るい気持ちを保つことができ、ポジティブに病と向き合うことができたそうだ。さらにすごいのは、病院にいる間にほかのガン患者にまで、笑顔をもたらし続けたそうだ。

・写真集を出版
2003年から撮り続けた膨大な量の写真は、2012年の写真集『Ballerina』として発売し、収益は乳がん患者の支援のために寄付されているそうだ。まさに、愛情のなせるわざではないだろうか。たとえヘンタイおじさんと指をさされることになろうとも、ボブはリンダの笑顔のために、チュチュを着て写真を撮り続ける。

Rocket News 24




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

元気がでることば | 04:09:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。