■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん医療のタブー…効かない抗がん剤、寿命を縮める手術が横行するカラクリ 4
 死ぬまで気づかずに共存共生できるがんというのは、たくさんあります。50歳以上の男性では、50%以上の人が前立腺がんを持っていますが、普通は気づきませんね。前立腺がんが原因で亡くなる男性は1%しかいない。胃がんでも大腸がんでも、同じような傾向があります。

ーーしかし、会社員は年1回の健康診断を受けなければなりません

近藤 私は、定期的に健康診断を受けさせるのは、人権侵害だと思っているのです。健康診断を義務づけている国は日本以外にありません。でも、そういうことを主張して会社と闘うのは難しいでしょうから、健康診断を受ける際には、がんが発見されそうなものはなるべくやめる。身長、体重、視力を測って、それで済めばそれだけにしておくのが一番ですね。採血検査、それから胃のレントゲンや胸部レントゲンとか、とにかくがんが発見されそうなものはなるべく省く。そうすると、はるかに長生きできますよ。
(構成=編集部)

ビジネスの“本音”に迫る ビジネスジャーナル
関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 04:20:42 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
Re: タイトルなし
30代で癌宣告されたら、とても動揺すると思います。
私は48歳直前でしたから、ある程度「しょうがない」と割りきれました

治療は患者さん一人一人体力・年齢・性別・家族環境・仕事などによって
全員異なりますから、他の人と比べることもできないですし、
ちまたに氾濫している情報などで耳年増にもなっていますから
本当に選択が難しいですね。
隣の芝は青く見えることも多々ありますし。。。


1日1日と進んで行く時は同じですが、
今までは、ぼんやりと遠くにあっておおよそ想像もつかない、だけど絶対に存在するその「日」まで
毎日毎日積み上げて行っている感じ。
でも癌になってからは積み上げではなく、1日ずつ切り崩していっている気がします。


2013-12-22 日 18:17:45 | URL | くろちゃんのママ [編集]
見当違いではありません。
主人が30代で罹患した折には、心構えも人生経験も不在でしたのでパニックそのもの。
癌という病に対しての知識も無く、言われるがままの治療にすがるしかありませんでした。
幸いにも今振り返って大きく後悔する治療はありませんが、そうなってもおかしくない状況であったことにヒヤリとします。
そしてこれからも「少しも後悔しない治療」は無いと考えています。

当時抵抗を感じていた「延命・生存率・余命・中央値」などの言葉にマヒしてしまい、今は普通に使ってしまっている自分に気付かされました。

くろちゃんママのお考えを参考に広くソフトなイメージを持って、無神経に使わぬよう心掛けたいと思います。

いつも丁寧にコメントを返して下さり有り難うございます。




2013-12-22 日 02:03:31 | URL | ささかま [編集]
Re: タイトルなし
癌になってから、患者が治療法を選択するということに対して、まだなじめていません。

考えてみれば、自分の体だから自分で選択するというのは当たり前なんですが、
風邪のように病院に行って与えられた薬を飲む、というのでずっと来たので。

あまり情報がなく、また繊細なことなので、むやみなことはあまり言えませんが
もしご主人もお父様も選択ができたとしても、実際に複数の治療法は比較できませんし
先生と相談し納得して選んだ方法でも「あのとき、あの判断はよかったのだろうか」と
思うのではないでしょうか。もし見当違いでしたら申し訳ありません。

「延命」というとちょっとインパクトが強いですが、私は「すべてのことは延命だ」と
とらえるのはどうだろうか、と思っています。
例えば、禁煙、運動を始める、食生活を見直す。。。などなど。
これらも全て広義での「延命行為」なのではないかなぁと思います。

そこに「治療」もいれたら、みんながやっている延命行為の一つだと思えて
気持ちの負担が軽くなるかなと思っています

2013-12-21 土 12:13:51 | URL | くろちゃんのママ [編集]
がんもどき先生の書籍や記事には、いつも興味津々です。
医療関係者しか知らない事情や、目からウロコの観点に「なるほど」がいっぱいですよね。
でも残念ながら父も主人も間違い無く治療によって延命している例外タイプのケースなので、実感したことはないです。

「あの辛そうな治療はしなくて正解だったね」とか、「何もしなかったら余命よりずっと長く生きちゃったよ」といつか言ってみたいです。






2013-12-20 金 11:40:47 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。