■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん相談ホットライン
日本対がん協会の無料電話相談
がん相談ホットライン」 03-3562-7830

ご心配事を看護師や社会福祉士が無料で相談をお受けします。
・今後の生活の事が心配
・セカンドオピニオンとは何ですか
・抗がん剤の副作用が不安
・家族にできることはなんでしょう
・誰にも相談できなくて困っています

毎日10:00-18:00無料で相談が受けられます。


実は私は2度こちらに電話した
1回目は抗がん剤治療中に、あまりにも副作用がきつくて、その相談にのってもらった
2回目は、ついこの間の手術が終了したばかりのこんな気持ちのとき


電話で対応してくれた方は落ち着いた感じの女性で、安心して話すことができる

一人20分までなので、10分近くは経緯と現状を説明して終わってしまうので
あまり深い相談にのってもらうのは難しいとわかっていた。

また電話では実際には治療方法やお金のことなど、実質的なことを相談する方が多分多く
メンタル的な相談は得意としていなんだろうな、と電話のやりとりで感じた

看護師さんはカウンセラーではないから、ちょっと無理な質問をしてしまったと反省。
でも、もし同様の質問が多く寄せられるなら、何かひとつでも参考になるようなことが
得られるかなと、または、他の機関を紹介してくれるかなぁと期待をしたのだけど。

知人の友人はアメリカで癌患者さんなどのカウンセラーをしているそう。
日本でもそのようなカウンセラーがもっと標準になってくるといいのになぁ



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

情報 | 04:54:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。