■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クリスマスの抜糸
昨日朝病院に行って、血液検査、レントゲン、抜糸としてもらった

年末だし、すいてるかなと思ったけど大違い
年末・年始休暇の1週間分のしわ寄せだろう

血液検査は長蛇の列、外来の待合室は患者さんであふれ
診察室が足りなくて、ベンチで先生と患者さんと相談している方もいた

暖房がきいた待合室でうとうとしていたら、
「泌尿器外科」の診察室の前に移動して待っていてくださいと指示された

やっと先生がみえて、泌尿器外科の一室でいざ抜糸とベッドで寝て待っていたら
「まだ道具が来ないのよね」と先生が。

暇だったし、膿が出ていたことは当然伝わっているとは思ったけど先生に
「先週月曜日に膿が出て病院に電話したんです」と言った
先生「そうなの?」

えーっ!伝わってなかったの?術後膿んだなんて、結構心配してたのに」(怒)と思った

この病院は大きいので伝達事項が伝わらないことが過去にもよくあった
でも、これはちゃんと伝えて欲しかったなぁ

看護師さんを信用して名前まで覚えてなかったよぉ

しばらく待っても来ないので、「来ないから自分で取りに行ってくるわ」と
先生が部屋を出ようとしたところで、看護師さんがワゴンを持ってきてくれた

消毒して「ちょっとひっぱりますよ」と言って、プチッ、プチッと抜糸した
(バシっとではなかった^^)
その後、抗生物質と化膿どめのクリームを処方してくれた

診察後の会計も、薬局も、すべてめちゃこみだった。

でもとりあえずこれで一段落。

次は1月10日(金)で今後のことについて元の消化器外科の先生と打ち合わせをする
それまで、大掃除はできないので"小"掃除をしよう
寒いけどね~^^





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 08:22:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。