■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2013年総括
2013年ももうすぐ終わりなので総括してみた

去年11月に手術後、

①12月:CT

②4月:CT → 右肺1個、左肺2個に再発 → 3カ月ぐらい様子見ることに

③5月:低用量ナルトレキソンについて聞きに行った

④7月:CT → 発育中 → また再発するかもしれないし、保険もきくし、
 痛くないサイバーナイフを受けることにした

⑤8月:先生のお勧めでRFA(ラジオ波焼灼)を国立がんセンターに聞きにいった
 →両肺同時治療ができず、30万円x2回かかることがわかり断念

⑥9月:サイバーナイフを聞きに行った
 →痛くない・副作用がない点はよかったが、年単位で追跡することと
  放射性肺炎(肺の炎症)があることがわかり断念

⑦10月:普通の手術をうけることにして、手術前検査をうける
 →こちらも左右同時手術ができない(両肺2回目の手術のため、胸膜と肺の癒着剥離をするので
  時間がかかるから)また右肺は中葉全摘出手術になる

⑧妹が「右肺をRFA(ラジオ波焼灼)、左肺を手術」という折衷案?中庸案?を思いつく

⑨先生と電話相談し、ゴーサイン

⑩11月:上旬右肺RFA(ラジオ波焼灼)

⑪12月:上旬左肺手術

あっという間に1年が過ぎてしまった
まとめて書くと10項目位だけど、それぞれの間には何度も病院に行ったり
検査したり、悩み、葛藤し、費用を捻出しと、実際にはもっと色々あった

そして、治療費は約48万円
(自分で実際に支払った金額、交通費込み、生命保険など加入していないので還付なし)


パソコンもDVD・CDドライブが壊れたから新しいの欲しいよなぁ~ ^_^;
とりあえず最初の入院時に買った1円パソコンで映画が見たくて
USBのDVDドライブを買ってあったので、それでとりあえず間に合うけどさ


今年も皆様のあたたかい応援ありがとうございました!


2011年3月の癌宣告から5年後の2016年3月まであと2年ちょっとなりました。
直腸癌ステージIVの5年後生存率は10%ぐらいなので
その10%に入りたいとは思っているけど、入るのは難しいということも理解しています。


できることを、ひとつずつ、日々の感謝を忘れずに、丁寧に生きていきたいと思います。

と言いながら、ネットでかわいい動物の動画とか見て
あっという間に時間がたってしまうのですが。。。^_^;

こんなことを考えるようになったのも癌になったからかな。



みなさん、どうぞよいお年をお迎えください






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 10:00:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。