■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
生きよう
昨日初めて「生きよう」と思った

よく言われている「5年生存率」の"5年"が、2年後の2016年にやってくる
実は「もう50になるし、あと2年生きられればいいや」と、半分あきらめと投げやりの気持ちだった
だから今後の定期検査もすべて放棄しようかと思っていたぐらいだ

周りの方が「絶対大丈夫だよ」とか「今回でもうすっかりよくなったと思うよ」とか、
好意でかけてくださる言葉に「そうだね」と返事をしながらも
「どうせあと2年かも」と、否定的な気持ちが常にあった


実は昨日大切な人に会った
その人が「今まで助けてくれた人たちのためにも生きて。これからもずっと」と言った。

そのとき初めてなげやりな気持ちが無責任に思えた

もちろん、今まで助けてくれた方には感謝の気持ちでいっぱいだった
だけどどうせ2年後には、という半分ふてくされた態度は感謝の気持ちを帳消しにし、
更に周りの方たちに悲しい思いをさせてしまうことに気づいた

感謝だけじゃだめだ。


「生きよう。生きなくちゃ」

支えてくれた人たちのためにも。

関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 06:53:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
Annieさん、
シアトルからの応援、ありがとうございます!(*^。^*)
はい、がんばりまーす!
2014-01-06 月 11:08:21 | URL | くろちゃんのママ [編集]
どうやって貴女のブログにたどり着いたのか、正確に覚えていないのですが、貴女の文面から励ましをもらっています。がんばってくださいという言葉が適切なのかどうか分かりませんが、こちら(私はシアトルに住んでいます)から応援しています。
2014-01-06 月 09:32:40 | URL | Annie [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。