■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ちょっと早い卒業式
今日は、手術後の傷の診察があった

まずは手術(2013年12月)から約1カ月後の傷の様子

P2014_0108_111113.jpg
切ったところは、とける糸で縫ってあるので抜糸もなくぴったりとくっついている
切開の長さは約12cm
その前(2012年11月)に切ったところと同じ所を切った
場所はこのサイトのように、胸横腕の下だ

P2014_0108_111027.jpg
こちらは、胸腔鏡+胸部ドレーンが入っていた穴
大きさは3cm程度、場所はあばら骨一番下、横っ腹あたり。
今回は防水テープにかぶれたり、膿んだりと、かわいそうだった(涙)
でも抗生物質飲み薬と塗り薬ですっかりよくなった
切開は前回と同じところを切ったが、この穴は違うところだった(悲)



転移があった肺の手術の担当は、胸部外科医の美人女医N先生
2011年から毎年3年連続でN先生にはお世話になった
「もう大丈夫なので、胸部外科のほうは今日で一旦終了です」
「ありがとうございました。私も是非これを最後にしたいと思っています」


その後、私の担当の先生(主治医)の消化器外科Y先生に会った
最初の手術の時はまだレジデントだったが、そのときからお世話になっている

2回目の肺の手術の翌朝ICUでばったり再会し、そのときはもう先生になっていたので
私からY先生にお願いして主治医になってもらった

本当に親身になってよく相談にのってくれるし、歯切れよくすべてをありのままに伝えてくれる
かといってドクハラのように意地悪な言い方をするわけではない


患者さんによっては、もう少しオブラートに包んだ言い方をしてほしい方もいると思うが
私は自分のことは自分がキチンと理解し把握したいので、Y先生との相談はいつも明快でよかった
まるで第三者のことを話しているかのようにY先生とは冷静に病気のこと・治療のことを相談できた

実はY先生は4月から大学に戻ることになっているので、今の病院を去る

「先生、あのぉ。。。先生の "おっかけ" ってできますか?^^」と本気で聞いてみた

「うーん、残念ですが、今度の病院では外来は担当しないんですよ」

そっかぁ~ やっぱりだめか ^_^;

「でも、こちらで担当していた患者さんがいらっしゃるので、今後も連携をとっていきます」

後任の先生は誰なんだろう?

「まだ後任は決まってなくて、2人候補がいます。次回までに決めておきますね」

またY先生のような先生だといいなぁ


Y先生、本当にお世話になりました。ありがとうございます。
私が入院中、夜11時過ぎまでナースステーションでデータチェックしたりしてるの、見ましたよ。

あんまり無理しすぎると、癌になっちゃいますよ、せんせ!
新しい病院でのご活躍を応援しています。


今日は胸部外科終了と、Y先生の最後の診察。
私の中でひと区切りがついた気持ち。

どうかこれが最後になりますように。



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

県立がんセンター | 21:35:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
ささかまさま
こちらこそよろしくお願いします<m(__)m>
いつもありがとうございます。

ご主人は担当の先生、アップグレードでよかったですね!

私も前任の先生は上司にあたるのですが、戻りたくないんです。
なんか意思疎通ができない人で、勉強ばかりで頭はいいけど他のことは学んでこなかった、
という感じです。

やっぱり人と人なので、相性があるのはしょうがないかな、と思います。
2014-01-11 土 21:13:45 | URL | くろちゃんのママ [編集]
くろちゃんママ今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

主人も主治医の交代を経験しています。
出向医が所属の大学病院に戻ってしまうケースでした。
上司に引き継ぐ形でしたので、こちらとしては話しが早くなるメリットがあり恩恵を受けました。でも寂しさは拭えませんよね(T^T)
くろちゃんママの後任の医師も、どうか良い先生でありますように。


2014-01-10 金 22:53:50 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。