■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝転移
金曜日に先生と今後のことについて話した

前回は、2012年11月の手術後2013年4月のCTで再発が確認され
途中いろいろ紆余曲折があったが、最終的には1年後の2013年11月と12月に手術をした

4月に再発が確認された後治療をどうするか、3カ月後の7月のCT結果まで待つことにしたので、
結局手術をすると決めたのが、11月の手術から約11カ月経っていた10月だった

私の癌細胞の発育スピード(赤ちゃんみたいだけど^^)が遅かったのでそれができたが、
早い場合は1カ月ぐらいであっという間に大きくなってしまうそうだ。

発育が遅いのを知っていたで、次回のCTは2013年12月手術半年後の6月にしたかった。
ただし、6月に再発がみつかった前回のように待ったりせず
即決で手術なり対応を決めようという条件つきで。

ところが、先生はどうしても4月にとりたいという
最後にとったCTは10月だから、4月でさえ半年後になっているからだ。

私はてっきりCTのタイミングは手術から計算するのかと思っていたが、
CTというある一定のタイミングで行われる検査のなかで
ときどき手術があったり、他の治療が入ったりする、ということがわかった

いつも新しい発見がある


また先生は、6月の結果が、「4月にしておけばよかった」と後悔する状態になりたくないのと
それにやはり医者として保身の意味もあると言っていた

「それに、肺は比較的進行が遅いんですが、肝臓は結構早いんですよ」

そうだった! 転移はどこにでも起こり得るんだった! 忘れてたよ~
肺のことしか考えていなかった。

大腸癌(私は直腸癌)の転移しやすい場所は、肺と肝臓なのだ

「先生、CTが癌細胞を活発化させるということはないんですか」
「それは大丈夫です」


実は今年のおみくじの「病」のところに
”アドバイスを聞けばよくなる”のようなことが書いてあった
Y先生が書いたの?と思ったぐらい^^

先生のためにも、もちろん自分のために、そして支えてくれている人たちのために
4月にCTをとることにした

CTそのものは痛くもかゆくもない
寝てドーム状のなかに入るだけ、3分ぐらいで終わる

造影剤の注射刺すときに痛いのと、入れたあと体が火照ったようになり
不快になるのがいやだけど、そんなのは一過性のもので大したことはない

一番苦痛なのは「結果を聞くとき」だ

毎回、1歳ぐらい年をとったと感じるぐらい緊張する

もちろん、何もなければ「大丈夫」という安心感は倍増だけどね。
そうやっていつも一喜一憂している


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 11:40:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。