■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
たった3年で人生変わる
ある時ふと目にしたり、耳にしたりした言葉が心に響くことがある


今日電車に乗っていたら、
「Message from 1D~たった3年で人生は変わる。~」(ドコモの宣伝)
という言葉とともに、One Direction の写真があった

彼らは3年前普通の10代の男の子だったのが、たった3年で世界的なアイドルとなった

考えてみたら、私も2011年3月の癌宣告からちょうど3年。
確かに人生変わったよ^^
まぁ、彼らの変化とベクトルの向きがだいぶ違うけど。


自分一人が悲劇のヒロインのつもりはないけど、
苦痛も痛みも大変さも味わった

手術が終わって1カ月後のCTでまた再発があって、心が折れそうになったり
抗がん剤治療中は。。。 言葉では表現できないほど。
常にいつ再発するか、余命はあとどのくらい、に怯えたり


だけど。。。

入院中のお見舞いから、通院時の駅までのお迎えや先生との面会のつきそいまでの
家族の惜しみないサポート

「何をしてあげたらいいのか」という気持ちにさせてしまったのに
いつも私を包み込んでくれる友人たちの暖かい気持ち

あまりにも健康過ぎて気がつかなかったご病気を抱えている方の気持ち

休んで迷惑かけても文句ひとつ言わずにおかえり、と言ってくれる職場の仲間たち

何かあったらいつでも言ってね、といってくれるご近所の方々

まるで実の娘のように電話やメールをくれたり、食事に誘ってくれる70代、80代の
素敵な女友達

「自分だけが大変だと思っているのか」と厳しいお叱りの言葉もときどき。

お会いしたこともないのに、ご親切にブログにコメントを残してはげましてくださる方たち



みなさんのすべてが私を支えてくれています。
しっかりしなくちゃ!

せっかく応援してくれているんだから、おざなりに生きてちゃだめなんだ。



この3年間で、「あたりまえ」ということはないんだと気づかせていだだきました

ひとつひとつ、かけがえのない、大切なこと。


ありがとうございます。




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 03:41:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
本当に病気しないに越したことはないですよね。。。
でも全てが必然のようなので、これも私が何かを得るために起きたことだと思います。
ささかまさん、いつもありがとうございます。
2014-02-04 火 19:47:05 | URL | くろちゃんのママ [編集]
まさに「キャンサー・ギフト」ですね。

私も主人の闘病の日々で、たくさん得た物があります。
最初は「病気なんてしないに越したことはない」と認められない言葉でしたが、「キャンサー・ギフト」を実感したことでこちらのブログと出会いました。
私はくろちゃんママに有り難うです。

2014-02-04 火 18:16:16 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。