■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
CTの結果(1月21日分)
31日(金)にCTの結果を聞きに行って来た

検査結果を聞く時はいつでも緊張する
寿命が1年ぐらい縮まる思いだ

その気持ちを振り払うように大きな笑顔であいさつする
「先生、こんにちは!よろしくお願いします」

先生が座っているデスクの横に座って、
膝の上に手を置くが、自然と握りこぶしになって力が入る

Y先生が机のモニターを見ながら口を開く

「今のところ、再発・転移はないですね」
「ほんと?わぁ!うれしい!」

「でも、"今のところ"ですから」と先生は強調する

"今のところ"だろうと、"とりあえず"だろうと、枕ことばは何でもいい。
今はCTには見えてないんだから、素直にうれしい♪

「腫瘍マーカー値は一進一退、77(正常値は35以下)ですから要フォローです」

ということは、まだCTには写らないほどの小さいヤツが潜んでいる、ということなのだ
まぁ、それが、大きくならなければいいってことだけど。


先生は大学に戻ってしまうから、これで先生と会うのは最後だ。

2012年11月の手術翌日の朝、ICUで再会してから
私の希望で前の先生から担当になっていただき、本当にありがとうございました。
今までの先生とは雲泥の差でした。
病気が病気だけに、親身に相談に乗ってもらえるのはどれだけ気持ちが救われることだったか
先生にはわからないかもしれませんね。

お礼にと、ラブ❤注入GODIVAのチョコレートを渡した
気持ち的には抱えるほどの大きな包みのプレゼントをあげたいけど
きっと受け取ってくれないだろうから(病院では贈り物は受け取らない、と張り紙もしてある)
ちょっとポケットに入れられて、疲れたときに食べられるようにと、小さいものにした。

先生、あんまり働きすぎないでくださいね!
癌になっちゃいますよ!







関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 11:47:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: タイトルなし
ありがとうございまーす!
先生がまだレジデントの時に私の直腸癌手術時の先生のひとりだったんです。
1年半後肺の転移で手術し、翌朝ICUで先生がご自分の患者さんを見に来られた時に
私の事も覚えていてくださったんです。
その時「患者さんは全て覚えています」と確かにおっしゃってました。

私も先生に小さなお餞別が渡せましたね~♪
よかった

はーい!元気に過ごしま~す!





2014-02-02 日 18:15:51 | URL | くろちゃんのママ [編集]
検査結果が異常なしでホッとしました。
良かったですねー(#^_^#)

医師はあまり感情を見せないように振る舞っているはずですから、くろちゃんママが感じているより思い入れがあると思いますよ。
心に残す者ありきで新天地に向かう先生を、とても良い状況で送り出せたのだと思います。

医師同士の情報網は意外と厚いんですよ。
今後もその先生に良い報告が届くように、元気いっぱい過ごして下さいね!!(^^)!

2014-02-02 日 15:37:05 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。