■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
くろちゃん
くろちゃん

11年前、野良ネコちゃんで、ウチのわんこのチョビちゃんのご飯を盗み食いに来てたね。
そしてチョビちゃんが16歳半で死んじゃった後、ウチの子になったんだよね。

チョビちゃんが死んじゃって、とても辛かった気持ちを救ってくれたくろちゃん

女の子だから、誕生日を3月3日にしたんだよね。
だからもうすぐ11歳。

先のことを考えるのは辛いけど、私のほうがくろちゃんより先に逝くかもと思っていた
それがいつもいつも一番心配だった

癌は一気に病気が進行するから、動けるうちに身辺整理をしておくように、と何かで読んだ


そしてそれを昨日ひとつ実現した。
私のとても大切な人にくろちゃんをお願いすることができた


何も事情を知らないくろちゃんを、車に乗せて引っ越しするのは心が張り裂けそうだった
到着しても家具の下に入りこんで4時間も出てこなかった。
時間をかけてじっくりと待っていた

今度は持って行ったくろちゃんのおこた(猫用)に隠れるように入ったまま出てこない。

更に2時間経過。
おこたなら暖かいから少し安心


お水も飲まない。もちろん食べるものは全然。


昨日の夜はくろちゃんのことを思って一睡もできなかった
朝起きたら死んじゃってるんじゃないかとか、最悪のことばかり。

しかも地震が大嫌いなくろちゃんなのに、よりによって引っ越しした晩に地震があって
心が押しつぶされそうだった。

今朝もう一度メールをしてみた

夜少し探検していたようだよ、と。
少し安心した

お昼過ぎには、やっとお水を飲んだとのメール。
少しずつ、少しずつ慣れてきているようだ


今日もう一度夕方寄ってみた
床暖房のじゅうたんの上に連れてきて、ブラッシングしたらおなかを出していた
うん、いい感じ。

帰ってきたら、さっきオシッコしたよ、とメールがあった。

よかった~!



一番大切で一番気がかりだったので、本当に安心しました。

ありがとうございます。

くろちゃん、元気でね。
入院中心配させてごめんね。

私もがんばるね。







関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

くろちゃん | 04:55:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
高額だった物って不要でも捨てにくいですよね。
でも、今回は「えいやー」でokじゃないですか?脳細胞が死んでしまうなら尚更ですよね。
くろちゃんママがしている事が後ろ向きでなくて安心しました。

2014-02-14 金 07:47:28 | URL | ささかま [編集]
Re: Re: タイトルなし
そうだった!
今思い出しました。
その1錠5000円の吐き気止めは、イメンドっていうヤツでした。
脳細胞がひとつ死ななくてよかったです^^
2014-02-13 木 15:18:12 | URL | くろちゃんのママ [編集]
Re: タイトルなし
もし病気にならなかったら、もちろん一番最後まで一緒に過ごしました。
ワンコももう一度飼いたくて、クロちゃんがいなくなったら、なんて思っていたのですが、
その時には私はもう61歳だよ!なんて母と話してました。

そうですか、ご主人も4期なんですね。私もです。
私はまだ3年ですから、先輩のご主人をみならってあと3年はがんばります!
「寛解」にもっていけるといいですよね。

今日は荷物の整理をしていて、抗がん剤の時に飲んでいた吐き気止め
(1錠5000円x3日分)が1セット残っていたのを発見しました。
使うかもと思ってとっておいたのですが、さっきばっさい捨てました!
こんなのに頼ろうと思っていると、治らない気がしたので。。。





2014-02-13 木 14:45:52 | URL | くろちゃんのママ [編集]
くろちゃんのこと、胸が張り裂けてしまいそうです。
大切だからこその決断に、涙しました。
大切な方にお願い出来たのは幸いでした。くろちゃんはきっと幸せに暮らせますよ。
離れていても、くろちゃんのために強く生きて下さい。
ウチの主人は4期なので治ることはないと言われています。
現に転移を繰り返し、今も治療中です。
でも6年目を迎えた今、「諦めなければ、いつか戦いが終わる日も来るのではないか」と思えるようになりました。
くろちゃんママも、ずっと元気でいて下さい。
くろちゃんにいっぱい会いに行って下さい。

2014-02-12 水 23:28:50 | URL | ささかま [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。