■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
みんな癌になる?
オーストラリアで友人のお友だちのおうちに夕食に招かれた

友達や家族の近況報告の中には病気になった方の話もでてくる

「○○さんは癌だって」


別に特別な病気について話しているという感じは全然ない
風邪ひいちゃった、とか、ぎっくり腰になった、とか
そんな感じ


「で手術のあと、抗癌剤をしているんだって」
「そうなんだ」

「今はみんな癌になる時代だし」


日本では2人に1人が癌になる、と言われているけど
こっちでは“みんな”なんだ


そういえば、長く海外で仕事をしていた方も
同じようなことを言っていたなぁ

「アメリカじゃ、癌になってちょっと休んで手術して
最近見ないなと思ったら、再発でまた手術してたよ」
「そんな感じでみんな癌と共存しているよ」


癌と共存


共存したい相手では全然ないけど
ま、悪さしなければ共存してもいいかな

例えば血圧が高いとか、血糖値が高いとか
体調管理に気をつけなければならない方は大勢いる

癌もしかり
食生活に気をつけるとか、軽い運動をするとか
同じように体調管理に気をつけなければならない


癌=死

というのは、昔のことになりつつあるのかも



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

旅行 | 06:40:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。