■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
抗がん剤の後遺症 
抗がん剤の副作用のことはよく聞くけど
後遺症がでるなんて、思いもしなかった


抗がん剤が始まった時にもお医者さんは後遺症のことには触れていなかった

説明したところで、じゃやめます、ということにはならないだろうし
それにやっぱり副作用のほうがインパクトが強いから
そちらにフォーカスが行ってしまうのだろう



今も完治していない後遺症は、手足の痺れ

足は正座して、しびれて感覚がなくなったのと同じ感じ。

今年の夏は自分の このりっぱな ^_^; 足が信用できず
転んだらこまるのでミュールははいていない
必ずかかとまたは足の甲が固定されるタイプのサンダルだ


靴下をはいてスニーカーをはくと、ゴムのゆるい靴下がずっこけて
足の裏にもたもたとしている感じ

膝から下は、表面から1cmぐらいが感覚機能停止状態

あ、それに1回家の階段から落ちた ^_^;
靴下はいて階段降りてたら滑ったことに気づかなかったようだ
尻もちをついて1週間ぐらい痛かった


手指のまひも同じ

痛みが引いた今年3月ごろ、指先第1関節は全部感覚が鈍かった

仕事でお金のやりとりがあり、
後でお札を1枚余分に渡してしまっていたことに気づいて
自分の財布から充填した

(涙)



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

後遺症 | 00:15:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。