■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
輸血
手術前には、家を買うとか新しい会社を始めるのか、というぐらい
いろいろな同意書にサインを求められる

拒否できるのかもしれないけど、実際には言われるがままサインをしなければならい。



今日のテーマの輸血に伴う副作用として

感染(肝炎やAIDSなど)
アレルギー(GVHDなど)

輸血した場合、2カ月後にウィルスや梅毒の検査を行う

また、使用する血液には未知の何かが含まれている可能性もあり
それが今後どのように作用するかもわからない

が、極力輸血は行わない方針と同意書に書かれている



知人が以前手術したとき、あらかじめ自身の血液を確保しておいたけど
結局使わなかったので元にもどしたそう

その話は術後知ったことだけど、
そのほうが危険がないと思われるけど、なぜしなかったのかな。


そうそう、若いころ色々"遊んだ"方が、
ある程度の年齢になって病気になり手術ということになって、
色々な検査をしていくうちに梅毒やAIDSに感染していることがわかった、
という話を聞いたことがある。

病気とのダブルパンチに違いない


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 07:01:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。