■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いよいよ手術
人間ってよくできている、と思うことがよくある

あんなに大変だった去年のこと、もうはるか大昔のようで
細かいことはよく覚えていない


でも手術当日の朝はあわただしかったことは覚えている

まずは病室のベッドで。。。

お手洗いに行き便が透明になっているかチェック
体には何も装着しない
(メガネ、コンタクトレンズ、時計、アクセサリー、マニキュア、かつら、入れ歯など)
手術着に着替える(下着は着用しない)
弾性ストッキング着用
ネームバンド・血液型バンドを腕にまく
IDカードを首からさげる


ここまででかなり緊張


次に口からチューブを入れる
手術中ずっと胃液が逆流しないように吸引するためだ

「ごっくん、ごっくん、って飲むようにしてください」

看護婦さ-ん、ぐ、ぐるしぃ
も、もうちょっとゆっくりお願いします。

涙目になってきた
麻酔もなし

「ダメだったら、手術室で麻酔後にしますが
意識があるうちにしたほうが、きちん胃まで入れられるのでがんばって」

もう、ぐったり


このあと、ストレッチャーにのる
横になって腕をおくスペースもないぐらい横幅がせまい

「落ちないようにベルトで固定しますね~」

まぁ、大げさな
手術室は病室と同じ階だから、歩いていってもいいんですけど。。。


西側の病室から家族が待機している東側にある談話室を
通過して手術室まで行ってくれた

なんだか、生死にかかわるような大手術が始まるみたいじゃない



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 08:40:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。