■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術直前
手術室に向かう前に病室で少し眠くなるという注射をした

家族が待機している談話室まで迂回してストレッチャーで運ばれているとき
看護婦さんがちょうど今届いたというお花を見せてくれた

「今お花が届いたよ~ きれいね~」
「わぁ! 誰からですか?」
「○○さんと△△さんから」
「あぁ、お酒じゃなくてよかった! 彼女たち"のんべ" だから^_^;」

という会話をしたらしいが、私は全然覚えていない

もうすでに頭は朦朧としていたのだろう


そして到着した手術室

私は目が悪いのであんまりよく見えなかったけど
部屋に大勢いたのにちょっとびっくり

担当執刀医のY先生とレジデントのY先生、麻酔科のT先生もいる

先生方はテレビドラマみたいに淡いグリーンの手術着を着て、
ゴム手袋をし、何も触らないように、という感じで
空に手を置き看護婦さんたちが準備するのを待っている


華奢な看護婦さん4人ぐらいで私を手術台に移し
四方八方から手が伸びてきて、体にいろいろな器具が装着される

着てきた手術着はとられ全裸状態
ひざ丈の弾性ストッキングがなまめかしい、んじゃない?

でも恥ずかしい、なんて思っているヒマがない

足には血液の循環を促すポンプが取り付けられ
電気メス用のアース、目の乾燥を防ぐためまぶたにシールがはられ
血圧・心拍数をチェックする装置も



そして最初は硬膜外カテーテルの挿入だ






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 08:48:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。