■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
硬膜外麻酔
硬膜外(こうまくがい)麻酔とは

脊椎(背骨)の中にある脊髄の側まで針を刺し
その中にカテーテル(細いチューブ)を通し
脊髄を包んでいる硬膜の外側(硬膜外腔)にカテーテルを留置し
そこから麻酔薬を注入します。(参照


脊髄に何かするというのは
失敗して下半身不随になったりしないのだろうか、という
不安がつきまとう

手術台の上で横向きになり、手足をかかえるように背中を丸める。
局部麻酔後背中から針をさし、カテーテルを入れて行く

カテーテルを入れる時、
麻酔が効いているので切るような痛みはないが、
異物が入って行く圧迫感による鈍い痛みが続く

「痛いですか」
「痛いです(涙)」

私は痛みに強い方だと思っていたが、
実は弱いのではと思ったことが何度かある


硬膜外麻酔は手術中だけではなく、
手術後もカテーテルから持続的に麻酔が注入され
手術後の痛みを緩和するというものだ


でも結局この麻酔は手術後めまいと吐き気をひきおこし
翌日にはとってしまった


「はい、終わりましたよ。仰向けになってください」
「これから麻酔をかけますから、眠くなります」


荘厳な感じでかかっていたクラッシックはとめられた



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 08:32:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。