■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「あなたはどう生きたいですか」 「どう死にたいですか」
今日NLP(神経言語プログラミング)のセミナーに参加した


自分の仕事に少しでも活かせればと思って。

セミナーではNLPとはなんぞや、というとっかかりになった。
これから少し本を読んだりして勉強しなくちゃ。

3連休でよかった。
フルタイムで働いているので、週末はゆっくりしたい

手術前の体力に戻すにはもう少し時間が必要だ

ん? 手術前は癌があって今はない(はず)なのに、
前の方が体力があったっていうのはなんだかちょっと矛盾 ^^


NLP入門編は7月に受講し、今回は実践編だったので
ディスカッションやペアワークなどが多かった。



その一つに 「聞く」 と 「相手を巻き込んで話す」 というワークがあった
しかも与えられたテーマが
「自分の死について思っていることを語ってください」


自分が癌になり、
視野には入っていても、なんとなく避けてきた "死" に正面切って向き合い、
自分がどう生きたいのか、どう死にたいのか、ということを考えさせられた
というより、考えなければいけないんだということに気づかされた。

急に 「あなたはどう生きたいですか」 と聞かれ
答えに窮しているようなら癌患者はやってられない


誰も、たとえ親兄弟でも親友でも、私の代わりに決断してはくれないのだから
いや決断できないのだから


でも逆に見方を変えれば、自分で好きなようにできるし、
たとえ結果が思わしくなかったとしても
それを選んだのは自分だから、その結果に自分で責任をもつ
誰にも文句をいう筋合いではない

いたってシンプルだ






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 21:42:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。